これで安心! オーストラリア留学のデメリットとその対策(Vol.1 日本人が多い?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

先日、下記の2記事でメリットとデメリットを書かせていただきましたが、今回はそれに関して詳しくもっと掘り下げた記事を書かせていただきますね!

ワーホリで留学するうえで困らない?オーストラリアで学べる英語とアメリカやイギリス英語との違い

【オーストラリア留学】メリットとデメリット

オーストラリアにワーホリや学生ビザで留学し、英語を学ぶとした際に考えられるメリット、デメリットはいくつかございますが、今回の記事では現地に留学している日本人の数に関してお話させていただこうかと思います。

  1. オーストラリアは日本人が多い?
    1. 語学学校にも日本人が?
    2. 日本食レストランだらけなの?
    3. 日本人と必ずシェアハウスしなきゃダメなの?
  2. 完全な英語環境は作れる?
  3. 日本人環境を作り出さないコツ
  4. 留学エージェントからのアドバイス
  5. まとめ


1.オーストラリアは日本人が多い?

オーストラリアには2016年には年間約12,000人もの日本人が留学しに来ています。
12,000人とは自分の出身地、名古屋にある日本ガイシホールの収容人数より2000人ほど多いくらい…(多いのか少ないのかわからん!なんて方もいるでしょうが…お許しを。笑)

さてさて、そんな年間 約12,000人も日本人が留学目的で入国しているオーストラリア…
この数字を見る限り確かに多そうですよね。

ワーホリ(ワーキングホリデー)制度もあって、イギリスやカナダなど他のワーホリ制度がある国と違い人数制限などもないため、ある程度いつでも好きなタイミングでオーストラリアへ留学できてしまいます。

そんな背景もあるためか、日本人の人気の留学先となっています。

1.1.語学学校にも日本人が?

もちろん、日本人に人気の留学先となっているため、シドニーやメルボルンなどの大都市には日本人が多く滞在しています。そして語学学校で英語を勉強している方も中にはいらっしゃいます。

ただ、だからと言ってどこの語学学校も日本人だらけかと言うとそんなことはありません。全校生徒400人のうち、10~15%が日本人の学校など日本人比率がそれほど高くない学校さんもございます。

入るクラスのレベルによって日本人の比率が高くなったり、低くなったりはしますが、イメージしていただきたいのは1クラス15~18人中、多くとも3人くらいが日本人になると思っていただければ良いです。

また、学校内では基本English Only(母国語禁止)とされているので、日本人同士でも英語を話さなければいけません。

(筆者も語学学校に通っている時に何度これで怒られたことか…泣)

1.2.日本食レストランだらけなの?

シドニーは日本食レストランが多くあります。ただ、都市によって差があるので、これに関しては日本食だらけとは言えません。

まぁ韓国人や中国人経営の日本食レストランもちょくちょくありますが…笑
すき焼きを頼んだらプルコギが出てきたりね…笑

さて、話を戻しますが日本食レストランがあるからダメ!なんてことは一切ありません。むしろ働き口が増えて、生活が楽になったりします。

『日本食レストランで働くのはワーホリが無駄!』なんて言っているワーホリ経験者のブログ記事などをたまに目にしますが、留学エージェントの自分としては『全く無駄ではない』と思います。

キッチンで働いていると日本語ばかりになってしまうので言いたいこともわかりますが、ホールでウェイトレスやウェイターとして働くのであれば腐るほど英語で話す機会はあるかと思います。

日本と違いオーストラリアのお客さんたちはお気に入りのウェイター、ウェイトレスに付くことがあります。え?どういうこと?って不思議に思うかもしれませんが、話好きで開放的な方が多いこの国。

『料理どうだった?』
『私もこの料理好きなんだよね~!』

なんて話しかけてあげると喜んでリアクションしてくれます。

そういってどんどん会話する機会なんて作れてしまうので、『日本食レストランで働く=英語が伸びない』と言っている方たちはただ自分たちがオープンになれずに料理を運んでいただけでしょ…と、自分は思ってしまいます。

1.3.日本人と必ずシェアハウスしなきゃダメなの?

必ず日本人と一緒にシェアハウスをしなければいけないなんてことはありません!
ただ、下記の記事で紹介した日本語の掲示板サイトからシェアハウスやバイトを探すともちろん日本人と生活することになります。

家探し、仕事探しはとりあえずここ!オーストラリア留学 ワーホリ中に役立つ情報サイト

Gumtree(https://www.gumtree.com.au/Flatmates.com(https://flatmates.com.au/でシェアハウスを見つけた場合は日本人ではなく、色々な国の方たちと一緒に住むことができるので、完全英語環境を作ってしまいたい方はこの掲示板サイトで探してしまいましょう!

2.完全な英語環境は作れる?

取り組み方によって完全な英語環境はいくらでも作れます!

ただ、やはり何か問題が起こった時にすぐに相談できる友達などはいた方が良いので、日本人との接触を完全に断ってしまうよりも、ある程度ご自身の中で決まり事を決めて接するのが良いと思います。例えば学校終わりには少し日本人の友達との時間を作ってしまうだとか工夫することをオススメ致します。

自分は英語が嫌いになった時期があって、その時は日本人の友達と遊び散らかしました。笑

そして日本の各地から来る人たちと出会い、色々な縁が今でも続いています。仕事の関係でも未だに連絡を仲良くさせていただいている方もいます。

なので、完全に日本人を拒絶するよりもある程度、仲良くしてしまっても良いのかなと自分は思います。

ただ、完全な英語環境が良い!!なんて場合でも行動次第でいくらでも英語環境は作れてしまいます。

3.日本人環境を作り出さないコツ

上記でも少しご説明させていただいておりますが日本人環境を作り出さないコツとして、

  • 学校内外で日本人と接する時間を減らす
  • シェアハウスをGumtree(https://www.gumtree.com.au/)やFlatmates.com(https://flatmates.com.au/)で見つけて、日本人 0人のシェアハウスに住む
  • バイトを日本食レストランではなく、Gumtreeや色々なレストランやカフェに履歴書配りをして見つける

上記のことをすれば日本人環境を少なくすることができます。

4.留学エージェントからのアドバイス

完全なる英語環境を作り出すことは英語の伸びを良くすることは間違いないですが、ストレスをためてしまって、オーストラリアが嫌いになることだけはしないようにしてください。

せっかくの海外生活がただただツラかった!なんてことは悲しいです!

英語はあくまでコミュニケーションの方法のひとつです。なので、楽しみながら学べる環境を作ることが一番良いと自分は考えています。

ワーホリや学生ビザは確かに滞在期間がいつからいつまで!と決められていますが、自分たちはみなさんに楽しみながら英語を伸ばし、目的を達成していただきたいと思っておりますので、なるべくストレスをためない程度に勉強していただければと願っています。

学校選びも重要になる留学、ご自身の目的にあった学校というものもございますので、ぜひ一度オーストラリア留学をお考えの際はご相談くださいね。

【オーストラリア留学】ワーホリや学生ビザで語学留学する際に学べる英語コース一覧

5.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

ワーホリや学生ビザでオーストラリアに留学をする際、日本と違ったストレスが多く降りかかると思います。

思ったように言葉を話せないストレス、多国籍ゆえの文化の違いなど色々なことで悩んだりすることもあるでしょう。

ただ、でも留学を終えることにはそれらが酒のつまみになるような留学になればそれはもうある意味では留学成功です。笑

あとはどのように留学の目的を決めていくかがすごく重要になってくるので、そのプランニングは留学エージェントさんと一緒に決めていってくださいね!

それでは!

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*