オーストラリアに日本のような温泉!?シドニーからの日帰り旅行にオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

今回の記事ではオーストラリアのシドニー郊外にある日本的な温泉宿に行ってみた時の感想を書いてみましょう!

コロナが広まってしまい、オーストラリアの国境が閉まってしまってから1年…

オーストラリアはこの1年、日本からはもちろん他国からの入国を完全にストップし、コロナの感染拡大を最小限に食い止めることに成功したと言えるのではないかと思います。

筆者のユウトはそんな鎖国状態のオーストラリアから日本へ一時帰国することもできず、1年と少しが経ち、そろそろ湯舟が恋しくなってしまいまして…苦笑

家にバスタブ🛀あるにはあるのですが、日本のもののように深くなく、常時半身浴のような状態となってしまう浅さでのんびりはできないのです…(´;ω;`)泣

もう…

温泉入りたーい!

日本が恋しーーーーい!

なんて、なってしまっている筆者なのですが、温泉なんてオーストラリアにないかなーなんてGoogle大先生にて検索をかけてみると…

お!?あるじゃん!
しかもシドニーから行ける!

と、そこで今回はオーストリアのシドニーから車で約2時間の位置 リスゴー(Lithgow)という地域の近くにある日本のような温泉宿『ジャパニーズ バス ハウス(Japanese Bath House)』に行ってみた感想を書いちゃいます!🙌✨

 

1.ジャパニーズ バス ハウス(Japanese Bath House)とは

ジャパニーズ バス ハウス(Japanese Bath House)はオーストラリアのシドニー郊外 リスゴー(Lithgow)という地域の近くにあり、シドニーからは車で約2時間という位置にあります。

なので、シドニー在住の方であっても車で行かないと正直しんどいかもしれません…

シドニーから車で行って、ブルーマウンテンを越えて、少し山道を走っていくと日本風の家屋が出てきます。
その日本風家屋がこのジャパニーズ バス ハウスさんなのですが、様々なサービスを中では受けられます。

例えば、日帰り温泉であったり、温泉+マッサージであったり、温泉宿個室風呂Tea Roomがあります。

 

1.1.営業時間

金曜日:14:00~21:00
(最終入店:Day Visitの場合は19:00、In-Houseの場合は20:15)土曜日:12:00~21:00
(最終入店:Day Visitの場合は19:00、In-Houseの場合は20:15)日曜日:11:00~17:00
(最終入店:最終入店は15:00)

 

1.2.マッサージ種類

温泉+マッサージ(Bath+Treatments)コースであれば、3時間の温泉入浴チケットに合わせてお選びいただいたマッサージを受けることができます。
※受けるマッサージによって料金は変動します

■Destress
■Invigorate
■Renewal
■Aromatherapy Discovery Facial
■Indulgence

▼詳しくはこちら▼

Bath + treatments

 

1.3.温泉宿の種類

ジャパニーズ バス ハウスには2種類の温泉宿があり、宿泊することも可能です。

■San Sui Kaku
■Kitsho Kaku no Budget▼詳しくはこちら▼
https://www.japanesebathhouse.com.au/accomodation/

 

2.温泉はどんな感じ?種類は?

大浴場はもちろん、露天風呂サウナなどが敷地内にあります。

露天風呂であっても日本ではなかなか見ないような1人用や2人用の露天風呂もあるため、海外の方にも受けの良いような工夫がされているのが見えます。

▼露店風呂▼

こんな日本庭園っぽい場所にお風呂!!

 

こんな1人用のお風呂もあって…

 

お風呂にトトロが…笑

 

こんな感じの1人用お風呂もあります。

 

鳥居にお風呂…?笑

 

▼施設▼

リラックスエリアでのぼせたらのんびりもできますが

 

この竹のオブジェをよーく見てみると…

 

あ!トトロ!!

冬になると暖炉もつくみたい!

お風呂からお風呂へと移動する際の景色はこーんな感じ

露天風呂から見える景色もなかなか良き!!

 

≪入浴時のルール≫
入店時にビーチサンダルが渡される
のですが、敷地内では常にビーチサンダルを履くことになります。
ただ、もちろん湯船に入るときはサンダルは脱ぎますよ!!

また、混浴です!

はい!!
混浴という言葉に期待したスケベな男性陣もいらっしゃるかと思いますが、残念!!

水着を着用したままでの入浴になるため、水着がない方は入浴できなくなりますのでご注意くださいませ…

あとはタオルを湯船に付けない湯船に浸かる前に身体を洗っておくなど日本でも当たり前のルールといった感じです。

 

≪お湯加減≫
自分が行ったときは湯舟は日本の温泉よりも少しぬるめに設定されているのかなと思いました。
というのも1箇所だけ41℃に設定されていましたが、他のところは全て38℃になっていたので、のんびり長く入ることができました。
これもまたお風呂に浸かる文化があまりない海外の人向けの工夫なのかなと思います(^^)

 

≪持ち物≫
■水着
■大き目のタオル(現地購入だと12ドルかかります)

 

3.予約方法 ※予約必須

ご予約は下記のリンクにもあるように下記のメールアドレスへご希望日時の3週間前までにメールで予約をしなければいけません。
bluemtsparadise@bigpond.com

ご予約時に
どのサービスを受けたいのか
いつ行きたいのか
などをお伝えしなければいけないのでご注意ください。

Contact Us

 

4.行き方

Japanese Bath House 地図

もう上記の地図をご覧いただいた通り、シドニー中心部から約140kmとけっこう距離あります。笑
車で約2時間、自転車なら10時間、歩いたら31時間なので、車がない人もレンタカーで行った方が良いです…

高速道路(M4)を利用して、ひたすらに真っ直ぐ行くだけなので道自体は決して難しくはないのでご安心ください!
ただ、舗装されているとは言え、山道を進むので悪天候時の運転には細心の注意が必要です。

また、夜間の山道はなるべく運転しない方が良いです…
というのも野生動物が飛び出してきて、自分はぶつかったことはないですがカンガルーやウォンバット、ポッサムなどの野生動物が轢かれて道路に横たわっているシーンも見たりします…

なお、筆者はイースターホリデーの時に行ったのですが、渋滞で片道6時間半かかりました(´;ω;`)
そうです…
ホリデーの時に行った自分が悪いんです。笑

体験談としてはホリデーの時は本当に時期をずらした方が良いです…

 

5.料金

2021年4月時点の料金なので、詳しくはウェブサイトを参考にしてくださいね!
https://www.japanesebathhouse.com.au/

お風呂のみ 料金
Single Entry
(3時間の入浴)
80ドル
Day Pass
(営業時間中使い放題)
150ドル
バスタオルの購入 12ドル
バスローブのレンタル 25ドル
※ロングウィークエンドは10%サーチャージが追加

 

入浴+マッサージ 料金
Destress+
3時間の入浴など
180ドル
Invigorate+
3時間の入浴など
230ドル
Renewal+
3時間の入浴など
280ドル
Aromatherapy Discovery Facial+
3時間の入浴など
305ドル
Indulgence+
3時間の入浴など
380ドル
Aromatherapy Add-on 60ドル

 

プライベート風呂パッケージ 料金
Standard 300ドル
(2人)
Harmony 480ドル
(2人)
Serene 580ドル
(2人)
Tranquil 680ドル
(2人)

Standard:1時間プライベート風呂+3時間の混浴温泉
Harmony:1時間プライベート風呂+30分のマッサージ+3時間の混浴温泉
Serene:1時間プライベート風呂+45分のマッサージ+3時間の混浴温泉
Tranquil:1時間プライベート風呂+60分のマッサージ+3時間の混浴温泉

 

1泊したい場合
San Sui Kaku 温泉宿
料金
2人/1泊 900ドル
3人/1泊 1290ドル
4人/1泊 1640ドル
Kitsho Kaku no Budget 温泉宿
2人/1泊 720ドル

▼詳しくはこちら▼
https://www.japanesebathhouse.com.au/accomodation/

 

6.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

ぜひぜひみなさんも機会がございましたら、このJapanese Bath Houseさんを訪れて、オーストラリア現地にて日本を感じてみてくださいね。

 

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

コメントを残す

*