【徹底検証】ケアンズはワーホリなどでの長期留学に向かないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

さて、本日は日本人の方々にも観光地として知られている『ケアンズ』についてご紹介させていただこうと思います。

どうしても『ケアンズって観光地でしょ?』というイメージを払拭できないTHE リゾートな都市ですが、行ってみると意外や意外!
案外、オーストラリア留学でワーホリに来ても楽しめるような都市なのです!

そこで今回の記事ではケアンズという都市が長期留学に向いているのか向いていないのかをご紹介していければと思います。
もちろん観光や短期留学は割と行ったことのある人の多い都市だとは思いますが、いざワーホリ(ワーキングホリデー)や学生ビザでの長期留学となるとどんな留学になるのか気になりますよね!!

 

1.ケアンズってどんな街?

ケアンズは日本人の中でリゾート地や観光地としてよく知られています。
そのため、街を歩けば観光中の日本人を多く見かけます。

それもそのはず…
オーストラリアの季節は日本と真逆なので、比較的に訪れやすい国なのです。

そして、ケアンズは年がら年中、暖かく…
いや、正しくは夏の時期はかなーーーり暑いのですが、冬でも羽織るものさえあれば全然生活していけるほど温暖な気候なのです。

街全体の印象としては必要なものがケアンズシティ中心部に全て揃っているため
公共交通機関で移動しなければ、買い物がしんどい…なんて不便さは全くありません。
めんどくさがりやな筆者としてはとってもありがたい街だなぁと感じます。

現地の方はケアンズはシドニーやメルボルンと比べて温厚そうな方がとっても多いです。
気さくに話しかけてくれる人も多く、こっちから話しかければワイワイその場で盛りあがってしまうほど…笑
現地に住んでいる日本人の方曰く、『車がパンクして困っていたら、助けに来てくれる人が何人もいましたよ!』というほど親切な人が多いとのこと…

そして、何よりも思ったのは
日本人観光客が多いからか、英語が不慣れな人に対してとっても優しいし、何を言いたいのかしっかりと聞いてくれるという点が素晴らしいと思いました。
自分はオーストラリアに10年住んでいるので英語は全く問題ありませんが、英語が苦手な観光客とのやり取りにも嫌そうな顔一つせずニコニコ笑って対応している店員さんの多さに驚いたのを覚えています。

ワーホリがファームによく行く!ケアンズ留学

1.1.観光するならもってこいのリゾート?

自分は昔、ケアンズは海が近くて、いつでも海に行けて~というイメージを持っていましたが、実はケアンズシティ中心部にある海は入れません。笑

なぜかって?

マングローブが生えていたり、泳げるほど深くないんです。笑
干潮時は底しか見えません。
正直パッと見で海だってわからないほどです。笑

でも、ケアンズシティから車で20分ほど行けばすぐ海に着きます。
そして、フェリーでケアンズシティ中心部を出てしまえば、もう綺麗な砂浜や透き通った海、サンゴ礁が広がっているダイビングにもシュノーケリングにも最適な海が広がっています。

そして、街の周辺には
Tjapkai(ジャプカイ)と呼ばれるアボリジニーの博物館やキュランダ、スカイレール、グリーン島、グレートバリアリーフ、Hartley’s Crocodile Adventures(ハートリーズクロコダイルアドベンチャーズ)、ラピュタのモデルとなったパロネラパークなど様々な観光スポットがあるため、観光地としてはけっこう楽しめる都市だと思います。

自分のオススメスポットは
キュランダにマーケットがあるので、そこは是非行ってみてください!
キュランダで取れたコーヒー☕が販売されていたりするので、とっても楽しめるかと思います。
ちなみに自分はそこで『BICO Australia』という地元サーファーたちに人気のあるアクセサリーショップがけっこうお気に入り…笑

2.ケアンズに対しての一般的な認識とその誤解

さて、ここからは少しケアンズに対しての一般的な認識とみなさんが持ちがちな誤解について話をしていこうかと思います。

我々、留学エージェントはあまりケアンズを推しているところは多くないのですが
理由として『街が小さすぎるし、日本人多すぎる』という意見をよく耳にします。

うーん、確かに観光目線で行くと自分も同じ意見を持つかもしれませんが…
自分はケアンズでのワーホリなどは比較的に楽しめるのではないかな?と思います。

いざ、そんなマイナス意見を基に
ワーホリさんや学生ビザで留学をする方々の目線で見てみるとどんな捉え方ができるのか下記に書いてみましょう。

2.1.街が小さい

ケアンズは街が小さすぎるから…という意見もあるかと思いますが、自分としては広くない歩いて回れる範囲にショッピングセンターやスーパー、飲食店が密集していて一つの箇所で全て済むのはかなり便利なのでは…?と思います。

現に“超”の付くほどめんどくさがり屋な筆者としてはケアンズに10日間、日本から来た中高生のサポートで滞在した際、全てが近くにあるから自分としてはもうめちゃくちゃ生活するのが楽でした。笑

観光地なので外食は高いから避けた方が良いですが、自炊していれば家賃も安いし
日本食も手に入るし、全く不便さは感じない素敵な街だと自分は思います。

街が小さい分、遊び場も少ないので、何かやらかしちゃう人は避けた方が良いかも…笑
でも、普通に生活している人であれば、遊びに行けば知り合いに会えるし、楽しいんじゃないかなと思います!!

2.2.日本人が多い

これもよく言われる『ケアンズって日本人ばっかりじゃん!』という意見ですが…
いやいや、ケアンズ確かに日本人多いけど留学してる日本人じゃなくて観光客が多いじゃん!!というのが自分の意見です。

確かに街が小さい分、日本人との遭遇率は上がりますし、
ナイトマーケットとかの観光スポットに行けば、そりゃもう日本人の店員さんだらけですよ。

でも、いざ学校に行ってみたら『日本人比率15%前後』だったりするので、学校自体の日本人比率が高いわけではありません。
他都市にある語学学校の方がよっぽど日本人が多いところありますから…笑
シドニーやメルボルンにある語学学校で『日本人比率 30%前後』なんてところもありますからね…笑

3.果たしてケアンズはオーストラリア留学するのに向かないのか?

自分の中の結論として
ケアンズはワーホリや学生ビザでオーストラリア留学するのに向いている、オススメできると思います!

のんびりした環境で、日本での多忙に疲れ切った心や身体に休息を与えるのもすっごく大事です。
こんな環境、日本でいえば沖縄くらいです。

そして、英語も勉強できる環境で、こんなにのんびりしたオーストラリアらしい都市はなかなかありません。
シドニーやメルボルンは日本に比べてゆるいですが、大都市な分やっぱり忙しい面もあります。

シドニーに10年住んでいる筆者が言うのです。
間違いありません。笑

ケアンズはのんびりした環境でオーストラリアらしい生活をするのにかなり適していると思います。

4.ケアンズ留学の実情とオススメポイント

 

ケアンズにワーホリなどで留学したとしてバイト先はあるのかなど気になる方も多いかと思いますが、ここからは少しケアンズでの長期留学をした際にどんな実情があるのか、ケアンズに留学するメリットやオススメできる点などをご紹介していこうと思います。

ワーホリでケアンズがオススメな理由|オーストラリア留学

4.1.短期の日本人留学生が多い?

ケアンズは関西国際空港や成田空港からジェットスターで直行便が出ているため、比較的に安い金額で留学しに来れます。
また、街の広さ的にも現地人の温厚な人柄的にも留学にうってつけのため、中高生の短期留学先に選ばれることが多い都市です。

そのため、夏休みや冬休みの時期になると
ジュニア留学プログラムと呼ばれる小学生、中学生、高校生を対象にした短期留学プログラムがケアンズにある語学学校では開講されます。

だからこそその時期は日本人留学生がぐっと増えるのですが、その時期を外すとぐっと日本人の数は減ります。

4.2.ワーホリさんにも実はオススメ?

ワーホリさんにもケアンズでの留学はかなりオススメできるかと思います。
というのも、決して語学学校での日本人比率が高いわけでもなく、ある程度英語さえ話せれば現地スタッフとしてレストランやツアーなどで働く場所もあります。
そして、家賃も安いので自炊さえすれば、余裕で生活をすることができるのです。

また、現地の人たちは日本人に対して全く抵抗がないので、パブなどで友達になる機会も作りやすく、比較的に現地に溶け込んだ生活を送りやすい都市なのかなと筆者は感じました。

また、Cairns College of Englishさんという学校ではJOB Ready Programと呼ばれるバリスタの勉強やツアーデスクでのインターンをすることができるコースがあるため、人とは少し違ったワーホリを経験するためにすごく効果的な学校もあるのです。

【学校訪問記】Cairns College of English ケアンズの格安な語学学校に行ってみた

4.3.バイト先はあるの?

ワーホリ時のバイト先は全く問題ありません。
確かにシドニーやメルボルンと比べると場所は少ないですが、留学しに来る人数も少ないので見つかりやすさ的にはそれほど差はないかと思います。

実際に現地に住んでいるワーホリさんたちに聞いてみると
日本食レストランもけっこうあり、ツアー添乗などの仕事もあり、そして指圧マッサージ店で働いている方々が多いとのこと。

確かに募集記事を見てみると日本食レストランや指圧マッサージ店のものが多いです。
マッサージと聞くと素人じゃ…と思うかもしれませんが、ちゃんとトレーニングを受けることになるのでそこの心配は全くありません。

【オーストラリア留学】留学中にも稼いじゃおう!オーストラリアでワーホリさんたちが働く主なアルバイト

4.4.現地人は都会に比べて英語の訛りがちょっと強いかも…

これは筆者のユウトも感じることですが、ケアンズに住んでいる現地人は都会の方々に比べるとまだオーストラリア英語のクセが強い傾向にあります。
特に男性ですが、『あぁ~、オーストラリアだ。笑』ってなる英語を話します。笑

ただ、それが英語学習をする中でマイナスに作用するかと言われれば、ハッキリとNoと言えます。
オーストラリア英語でも英語は英語ですし、そもそも英語ができない人からすればアメリカとオーストラリア、イギリス、カナダ英語の違いなんて絶対に理解できません。
これは断言できます。

そして文法などは全て一緒です。
だからこそ、現地の男性の話し方にクセがあったとしても何も問題はないのです。

ワーホリで留学するうえで困らない?オーストラリアで学べる英語とアメリカやイギリス英語との違い

5.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

みなさんがオーストラリア留学をお考えする中で、ケアンズも一つの候補になれば筆者としても嬉しいです。

オーストラリアらしい生活を過ごしてみたい方はケアンズ…オススメですよ!

それでは!!

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパマイトスタッフが、
あなたの留学を強力サポート。
無料相談受付中

ただいまジャパマイトでは、無料カウンセリング受付中です。
カウンセリングでは、以下のようなサービスが無料で受けられます。

・無料カウンセリング

・留学のプランニング

・想定予算

メール、電話、LINE、Skypeのうちから、
ご希望の方法でカウンセリングいたします。

もちろん、ご相談いただいてもしつこい営業などは一切ございません。
どうぞお気軽にご相談ください。


無料カウンセリングを依頼する

この記事の執筆者

コメントを残す

*