ワーホリにオススメなケアンズの語学学校 4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

さてさて、今回は
ケアンズのオススメ語学学校 4校
をご紹介させていただこうと思います!

みなさん、ケアンズってどんなイメージでしょう!?
明るく太陽がギラギラしているリゾートなイメージが日本人の方だとあるかと思います(^^)

それはもう…

間違いないです。笑

自分、けっこうケアンズ好きで、旅行もちょくちょく行くのですが、年に1回 出張でケアンズに行くことがあって行く度に
『暑い!暑い!!暑い!!!』なんて思ってます。笑

そんな南国感が満載のリゾート地 ケアンズですが、旅行で来てみて惚れ込んでしまい、ワーホリ(ワーキングホリデー)で戻ってくるなんて方も少なくないんです。

きっと日本とは全く違った雰囲気の街並みやのどかな雰囲気が魅力的なんだと思いますが、今回の記事ではそんなケアンズにあるワーホリさんたちにオススメの語学学校を3校をピックアップしてご紹介させていただきますね(^^)

1.ケアンズってどんなところ?

【気候】
ケアンズは一年通して比較的に暖かい地域で、日差しや紫外線が強いため常に日焼け止めやサングラスが必要です。
9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬となりますが、夏は30度を超え、冬は16度ほどの気温となるため、夏は沖縄より暑く、冬は沖縄と同じくらいと思っても良いかなと思います。【日本との時差】
日本との時差は+1時間だけなので、時差ボケの心配はゼロです!笑
日本が13時であれば、ケアンズは14時!【フライト(飛行機)について】
航空会社:ジェットスター航空、カンタス航空、JAL 日本航空
飛行時間:7時間 30分【代表的な観光地】
■グリーン島
■キュランダ(列車やスカイレール、キュランダの町)
■ジャプカイ(アボリジニ文化パーク)
■パロネラパーク
■ザ・リーフホテル・カジノ
■エスプラネードラグーン(街中のプール)
■ナイトマーケット
などなど

 

と、観光的な観点でケアンズを紹介するとこんな感じ。

じゃあ、現地で生活をするとなったら気になるであろうポイントの『現地の人』はどんな感じなのかと言いますと…

ケアンズに住んでいる現地人は英語が話せない外国人に慣れている

と、本当に思います。

つまり、どういうことかと言いますと

シドニーやメルボルンに比べて人が温厚で優しいです。笑

日本でも一緒ですが、都会に比べると田舎ののんびりした雰囲気の人たちが多いように、ケアンズとシドニーを比べるとやっぱり違うんです。

日本からの観光客もケアンズは多く、街中を歩いていると観光客っぽい人たちを頻繁に見かけます。
そして、レストランなどの店員さんたちもそういった観光客さんたちに気さくに話しかけたり、対応がシドニーに比べて優しいなーと本当に思います。笑

そして実のところ…
筆者自身も正直シドニーからケアンズに移り住むことも考えたくらい好きな街の1つです。笑
のんびりしたあの空気が何とも言えなく癒されるんですよねぇ…笑

2.ケアンズはワーホリにオススメなの?

筆者が思うにケアンズはワーホリするのにオススメの都市だと思います!

 

ケアンズがワーホリにオススメな理由
1.現地人が英語を話せない人にでも優しい
2.現地人との距離が近い
3.ローカルな職場での仕事も見つけやすい

上記でもちょっと話したようにケアンズの人は英語が話せない人たちに慣れているのですが、現地人が英語を話せない人にでも優しいというのはこれって留学をする上でとっても大事なのです。

というのも、英語を勉強する上でストレスを少しでも減らすのってとーっても重要!

そして、現地人との距離が近いというのはそんな英語が苦手な人たちとでも快くコミュニケーションを取ってくれる人が多いということ。

更に一番筆者が驚いたのは日本からの観光客も多いのでローカルなレストランなどで働いている日本人の多さ!
現地ツアー関係での仕事をしている方も多く、すごくワーホリの方でもチャンスのある街だなと感じます。

3.ケアンズでワーホリをするのにオススメな語学学校 4校

さてさて、そんなワーホリさんたちにもオススメのケアンズですが、ケアンズにあるオススメの語学学校を3校ご紹介させていただきますね!

3.1.Cairns College of English(CCEB)

所在地:27 Aplin Street Cairns QLD 4870
ウェブサイト:https://cceb.qld.edu.au/
学費の例:
1ヶ月(4週間)勉強した場合=1900ドル(1ドル80円として約15万2千円)
2ヶ月(8週間)勉強した場合=3150ドル(1ドル80円として約25万2千円)
3ヶ月(13週間)勉強した場合=4800ドル(1ドル80円として約38万4千円)
4ヶ月(17週間)勉強した場合=6400ドル(1ドル80円として約51万2千円)

【オススメポイント】
1.週25時間の授業に加え、毎週テストがあるのでしっかりと勉強の進行度が確認できる
2.Job Ready Programというコースでバリスタや接客英語を学べるワーホリさんから人気のコースがある!
※コース内で現地で使える様々な資格が取得できます(RSA,、RCG、フード取り扱い資格など)
3.専門学校も併設されているので、長くオーストラリアに滞在したい方はオススメ!

3.2.Cairns Language Centre

所在地:91-97 Mulgrave Road Cairns QLD 4870
ウェブサイト:https://cairnslanguagecentre.com.au/
学費の例:
1ヶ月(4週間)勉強した場合=1745ドル(1ドル80円として約14万円)
2ヶ月(8週間)勉強した場合=3140ドル(1ドル80円として約25万2千円)
3ヶ月(13週間)勉強した場合=4865ドル(1ドル80円として約39万円)
4ヶ月(17週間)勉強した場合=6245ドル(1ドル80円として約50万円)

【オススメポイント】
1.毎週テストがあり、しっかりと勉強の進行度を確認できる!
2.ビジネス英語コースがあるので、ビジネス英語を学びたいならオススメ!
3.週25時間しっかりと勉強できる!

3.3.Sun Pacific College

 

所在地:55-65 Poolwood Road Kewarra Beach QLD 4879
ウェブサイト:https://www.spcgroup.me/
学費の例:
1ヶ月(4週間)勉強した場合=1810ドル(1ドル80円として約14万5千円)
2ヶ月(8週間)勉強した場合=3370ドル(1ドル80円として約27万円)
3ヶ月(13週間)勉強した場合=5320ドル(1ドル80円として約42万6千円)
4ヶ月(17週間)勉強した場合=6880ドル(1ドル80円として約55万1千円)

【オススメポイント】
1.オーストラリアでは珍しいキャンパスと寮が一体となった学校で一日中勉強できる!
2.会話の選択授業もある上、全寮制なので英語環境を作りやすい!
3.敷地内にプール、テニス、バスケットコートがある上、近くに海もある!

3.4.You Study International

所在地:130 McLeod Street Cairns QLD 4870
ウェブサイト:https://www.youstudy.edu.au/
学費の例:
1ヶ月(4週間)勉強した場合=1742ドル(1ドル80円として約14万円)
2ヶ月(8週間)勉強した場合=3234ドル(1ドル80円として約25万9千円)
3ヶ月(13週間)勉強した場合=4904ドル(1ドル80円として約39万3千円)
4ヶ月(17週間)勉強した場合=6336ドル(1ドル80円として約50万7千円)

【オススメポイント】
1.少規模の学校なので、生徒みんなと仲良くなりやすい!
2.選択授業で苦手な文法や会話なども補える
3.ケアンズで唯一のIELTS テストセンターなので、IELTSを勉強したい方にオススメ!

4.ケアンズでのワーホリ生活ってどんな風になる?

ケアンズでのワーホリ生活はどんな風になるのかと言いますと
■英語を勉強しつつ、仕事を通じて経験値を積んだり…
■セカンドワーホリを取得するために語学学校卒業後にファームに行ったり…
■ワーホリ中にツアー会社やレストランなどでバイトをしたり…
■ダイビングなどの趣味に生きたり…
■バイトをしつつ、日本とは違ったのーんびりした生活を楽しんだり…
といった生活スタイルになるかと思います✨✨✨

5.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

ケアンズについてや、ケアンズのオススメの語学学校について少しでもこの記事を通じて伝わっていただければ筆者としても嬉しいです!!

シドニーやメルボルン、ブリスベンが留学先として人気すぎて、意外とワーホリ先としてケアンズを選ぶ人って多くないのが現状ですが
筆者としてはケアンズも十分そんな3つの人気都市と肩を並べられるようなポテンシャルのある都市かと思います。

そして、何よりもワーホリなのでその都市が合わないと思ったらいくらでも都市移動を自由にできるので、日本と違ったのんびりさをとりあえず一度味わってみるのは良いかなと思います👍✨

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

コメントを残す

*