【オススメ記事】現地留学エージェントが教えるワーホリの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

今回は…現地留学エージェントだからこそお伝えできるワーホリ(ワーキングホリデー)の落とし穴をご紹介しようと思います。

もういきなり毒づいていきますが、留学カウンセラーさんの中にはオーストラリアに旅行程度でしか来たことがない人もいるのです。

そんな人たちがワーホリの説明をしているとしたらどうでしょう?
ワーホリでできること、英語力がどこまで伸びるのか、ワーホリをするメリットやデメリット、現地での生活の仕方などなど本当に分かってカウンセリングをしていると思いますか?

答えは ❝NO❞ です!🔥

そこで、今回の記事ではオーストラリアに到着してから起こりうるワーホリの落とし穴というものをご紹介しようかなと思います。

▼オススメの記事▼

オーストラリア留学 準備マニュアル|ワーホリ、学生ビザ対応

【必読】オーストラリア留学でワーホリがオススメな5つの理由

  1. オーストラリアでのワーホリは良いこと尽くしじゃない?
  2. 留学エージェントは基本的に良いことしか言わない?
  3. ワーホリの落とし穴 7つ
    1. オーストラリア人と知り合う機会はなかなかない!?
    2. 生活スタイルによっては英語力が伸びないこともある!?
    3. 英語力ゼロでもワーホリできる!という説には注意!?
    4. 貯金がなくてもワーホリできる!という説にも注意!?
    5. ワーホリすれば帰国後の就活でも役立てれるのはウソ!?
    6. 留学エージェントによってあなたの留学プランが変わる!?
    7. 4ヶ月 語学学校に通えば英語ペラペラはウソ!?
  4. 現地留学エージェントがオススメするワーホリ(ワーキングホリデー)プランの組み方
  5. まとめ

 

1.オーストラリアでのワーホリは良いこと尽くしじゃない?

たまに問い合わせで『お金はないので、英語話せないですけど語学学校には通いません!』という内容を受け取ります。
まぁ語学学校に行く行かないは個人の自由なのですが、そもそも英語が話せなければオーストラリア人はもちろん、外国人の友達ができることはほぼないでしょう。
そして、英語環境での

なぜかって?

日本で想像してみましょう。

日本でコンビニに勤務している外国人の店員さんとあなたは仲良くなって遊びに出かけますか?
わざわざ地元の友達がいるのに、コミュニケーションを取るのが店員さんと仲良くなるでしょうか?

答えは人それぞれだと思いますが、ほとんどの人がNOと答えるはずです。

そして、英語が話せない外国人である自分たち日本人を日本食レストラン以外の職場がバイトとして雇うメリットはあると思いますか?
別に雇ったからといって国から援助があるわけでもないので、よほどのスキルがない限り雇う側へはメリットがないのです。

だからこそオーストラリアでは英語が話せない=デメリットになってしまうのです…

そんな中、お金もなくメンタルに余裕もない…
英語も話せない…ではワーホリとして楽しめるチャンスを自ずと潰してしまいかねません。

▼こちらの記事もオススメ▼

【オススメ】オーストラリア留学のメリット、デメリットとは?

2.留学エージェントは基本的に良いことしか言わない?

たまに現地で耳にするのが…
『留学エージェントから4ヶ月語学学校行けば英語話せるようになるよ!』と言われたのですが、全然ならないです。という言葉…

そうですね、話せるようにならないとは言いませんが
4ヶ月間の取り組み方次第である程度コミュニケーションが取れるようになるのかならないのか決まります。

ただ、英語力ゼロの人が4ヶ月でペラペラになるなんてことは正直にハッキリ言って無理なので、自分は絶対にそんなこと言いませんし、そんなウソは言えません…

ただ、長く語学学校に通ってしっかり勉強すればするほど英語力の伸びは変わります。
もちろん学校以外の時間の過ごし方も大事になりますが、本当に英語を勉強してきて、英語が話せる留学エージェントなら『4ヶ月語学学校に通えば英語ペラペラになるよ!』なんて言葉は絶対に出ません。

▼こちらの記事もオススメ▼

ワーホリ・ワーキングホリデーで失敗しない方法|オーストラリア留学

3.ワーホリの落とし穴 7つ

さて、ここからはワーホリの落とし穴を7つご紹介していきましょう!

楽しいことも確かにたくさんあるオーストラリアのワーホリ…
もちろんその反面、大変なこともたくさんあるのですが、実はあまり留学エージェントから説明されることのないオーストラリアのワーホリの現状をお伝えしていきましょう!

3.1.オーストラリア人と知り合う機会はなかなかない!?

オーストラリアへワーホリに来ても実はオーストラリア人と知り合う機会はなかなかないのです…

そもそも語学学校にはもちろんオーストラリア人なんていません。
そしてワーホリさんが働く日本食レストランやデリバリーにもオーストラリア人なんていません。
シェアハウスもオーストラリア人が運営してるところは多くありません。

となると、生活のベースとなる部分にはなかなか絡ませることができないのです…

じゃあ、オーストラリア人と絡めない?(´;ω;`)
そんなことはありませんが、普通に仕事、学校、家の往復をしている生活では絶対にダメです。

でも、オーストラリア人と仲良くなれる方法はいくつかありますが、これはJAPAMATEの利用者さんにしか教えません。笑

3.2.生活スタイルによっては英語力が伸びないこともある!?

実はワーホリに来たものの、英語が全く伸びずに帰国してしまう方も中にはいるのです。

それではなぜかというと、英語がそもそも全く話せないと仕事先も限定されてしまいがち…
例えば日本食レストランであっても接客できる英語力がなければキッチンに送り込まれてしまいます。
ファームでも全く英語が話せない人は仕事がもらえなかったりするのです。

当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、例えば
日本人の友達とだけ遊び、日本食レストランでバイトし、日本人しかいないシェアハウスでワイワイする…といった生活をしていては英語はまず間違いなく伸びません。

3.3.英語力ゼロでもワーホリできる!という説には注意!?

英語力ゼロでも確かにワーホリ(ワーキングホリデー)制度を使ってオーストラリアに来ることはできますが、英語力ゼロの方がワーホリ期間中に語学学校に行かずに英語が話せるようになることはまずないでしょう。

というのも、考えてみてください。

日本で日本語を話せない外国人の方が、日本語を使った仕事をできると思いますか?
日本語のみで日本人と一緒に働くことができると思いますか?
雇う側が特殊なスキルがない、コミュニケーションが取れない外国人を雇うと思いますか?

英語が話せないことはデメリットにしかなりません。
英語が話せなくても現地で生活していれば話せるようになるというのも幻想でしかないと思ってください。
そりゃもちろんある程度英語でコミュニケーションが取れる人であれば、英語環境にさえ飛び込んでしまえばグングン英語力は伸びるでしょう。
でも、英語力ゼロであれば、そもそもコミュニケーションも何もないのです。

留学エージェントだから語学学校を推しているわけではありません。
英語が話せないことによって得られるもの、経験できることが減る、可能性が減ることがないようにするために自分は語学学校に行くことをオススメしているのです。

ただ、厳しいことを言いますが
英語力ゼロで来て、日本食レストランでバイトして、日本人のいるシェアハウスに住んでいるだけでは絶対に英語は伸びません。

▼こちらの記事もオススメ▼

オーストラリアでのワーホリ時、語学学校の必要性

3.4.貯金がなくてもワーホリできる!という説にも注意!?

貯金がなくてもワーホリはできます。

ただ、
貯金がなくて語学学校に行けない…
貯金がなくてバイトをとにかくやらなきゃいけない…
といった状態になるのは本当に避けることをオススメします。

というのも、お金がないことは自分自身の大きなストレスになることがほとんどです。

そして、英語が話せないのに語学学校にお金がないから行けない。
お金がないからとりあえず日本食レストランでバイトをしなければいけない。
という状況は留学に来ているのに外国人とほとんど絡むことがない環境を作り上げてしまうのです。

レストランでウェイターやウェイトレスとして働けば英語使えるじゃん!と思うかもしれませんが、雇用する側からすれば英語が話せないスタッフを接客させるのは不安でしかないのです。
そのため、英語がある程度話せるようになるまでキッチンで~…ということにもなることが多々ありますが、一度キッチンを覚えてしまうとなかなかホールに出ることはないのがよくあるパターンです。苦笑

もし英語が話せるようになりたいという目標があってワーホリを使うのであれば、ある程度は貯金ができた上で来ることをオススメします。

▼こちらの記事もオススメ▼

総額いくら?オーストラリアで留学するのにかかる費用【ワーホリ、学生別解説】

3.5.ワーホリすれば帰国後の就活でも役立てれるのはウソ!?

大学生の留学希望者さんたちに対して『ワーホリをすれば就活に役立てられるよ!』と言っている留学カウンセラーがいるのを聞くことがありますが…

それはウソです。笑

年間 約12,000人の日本人がオーストラリアに留学をしに来ています。
そのほとんどの方が語学学校に通っています。

じゃあ、他の方々と同じような留学をしていて就活に役立てることができると思いますか?

もし就活に活かしていきたいのであれば、他の人たちと違った留学プランを練る必要があります。
そのプランを練るために知識ある留学エージェントを使う必要があるのです!

3.6.留学エージェントによってあなたの留学プランが変わる!?

実は留学エージェントによって知識量の差はすさまじいのです。

だからこそ留学エージェント選びはとっても大事なのですが、どの留学エージェントが良いのか選ぶのはとっても難しいのです…

しっかりとした留学プランを組んでからオーストラリア留学をしたい方は、知識ある留学エージェントに頼ることをオススメします!

▼こちらもオススメ▼

【必読】口コミや評判の良いオーストラリア留学エージェント 5選

3.7.4ヶ月 語学学校に通えば英語ペラペラはウソ!?

知識のない留学カウンセラーからカウンセリングを受けると『4ヶ月 語学学校に通えば英語ペラペラになるよ!』という意味の分からないことを言う人がいると、オーストラリア現地で留学生さんたちからちょくちょく耳にします。

正直なところ、英語力ゼロで4ヶ月通えばコミュニケーションがある程度、問題なく取れるようになるくらいで、ネイティブ並みに流暢な英語が話せるようになるわけではありません。

本当に英語を勉強してきて、英語が話せる留学カウンセラーであれば絶対に『4ヶ月で英語がペラペラになる!』なんてこと言いません。

4.現地留学エージェントがオススメするワーホリ(ワーキングホリデー)プランの組み方

ワーホリ(ワーキングホリデー)と一口に言っても、目的は様々だと思います。
ホリデー気分でオーストラリアでのんびり生活をしたい人、就活に使えるような経験を積みたい人、しっかりと英語を勉強し英語力を向上させたい人などなど…

現地留学エージェントである筆者 ユウトが留学プランを作成する上で一番大事にしているのは本当にそのプランが留学する目的を達成できるのかできないのかです。

例えば、語学学校に4ヶ月通えば英語が完璧になるかと言われれば No と自分はハッキリと答えますが、
じゃあ、少しでも英語力を伸ばすにはどうすれば良いのか語学学校以外の部分も考え、留学プランを組みます。

語学学校選びの部分でもどんな英語を使っていきたいのかなどを確認し、それに合った語学学校を選び、紹介しているのです。

ただ、適当に語学学校を紹介するなら我々、留学カウンセラーはいりません。
でも語学学校以外のプランニングも大事にしている留学カウンセラーは実はかなり少ないのです…

現地でどんなことができるのか、現地の知識が豊富な留学エージェントに聞いてみて、しっかりとしたプランニングをしてもらうことをオススメします。

▼JAPAMATEにご相談をされたい方はこちら▼

無料カウンセリングを依頼する

5.まとめ

さて、いかがだでしたでしょうか?

ワーホリでのオーストラリア留学が全て良い経験にならないかもしれない…ということがお分かりいただけたかと思います💦

英語力の伸びないこともあって、オーストラリア人の友達がゼロ!なんてワーホリさんも少なくないということがちょっとでもご理解いただければ嬉しいです!
英語力を少しでも向上し、現地の生活に早く溶け込めるようにした方が絶対的に楽しいワーホリ生活を送れます!

みなさんもちょっとでも充実した留学生活を送ってくださいね!

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

コメントを残す

*