【ワーホリ必読!】オーストラリア留学の際、ホームステイの実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

今回はオーストラリア留学をする際、まず一番最初にホームステイに滞在する人がほとんどなのですが、そのホームステイの実情というものをご紹介しようかなと思います。

ホームステイって聞いたらみなさんどのような想像をされるでしょうか?

お父さん、お母さん、息子、娘、ペットの犬がいて…
大きい一軒家ですごくフレンドリーな家庭を想像している方が多いかと思います。

でも、正直それは一部のご家庭だけなので、今回は実情を踏まえながらお話させていただきますので、ホームステイをご検討中の方は是非とも参考にしちゃってくださいね!

ホームステイ滞在時などのお話をしている記事もあるのでご覧ください↓↓

【必読】オーストラリアへワーホリ、学生ビザで留学した際のホームステイ


INDEX

  1. 老夫婦やシングルマザーの家も多い
  2. 40代などの夫婦の家庭は割と冷たいかも…
  3. 老夫婦の家の方が面倒見が良い傾向にあります
  4. 副業、ビジネスとして生徒を預かっている家が多い
  5. オーストラリアは多国籍な国なので、ホストファミリーの元の国籍は様々
  6. お父さん、お母さん、子供たち、ペットがいる家は少ないかも
  7. 学校から公共交通機関で通常30分~1時間は離れます
  8. 家でのシャワーは10分以内に抑えましょう!
  9. ご飯が要らない時は事前に連絡!
  10. 英語がわからなくても部屋に閉じこもるのは控えて!

1.老夫婦やシングルマザーの家も多い

老夫婦が多い理由としては子供たちが家を出てしまい、部屋が余っているからホームステイでワーホリさんや学生さんを受け入れていることが多いのです。

シングルマザーで子供があまり大きくないところなどもホームステイを受け入れているところがちょくちょくあります。

2.若い夫婦の家庭は割と冷たいかも…

オーストラリア現地で留学エージェントをしているとホームステイの悩みや失敗談などをよく耳にします。

例えば、若い夫婦の家庭はあくまでビジネスとしてホームステイを受け入れているので、自分たちと学生さんたちの食べるものが違ったり、自分たちはご飯を食べに行くのに学生さんは質素な食べ物だったり…なんてことも耳にします。

3.老夫婦の家の方が面倒見が良い傾向にあります

若い夫婦よりも老夫婦の方が圧倒的に面倒見が良いので留学エージェントの自分としてはみなさんにオススメできます。

『若い人たちや、親子+子供たちの家庭の方がたくさん話しかけてくれそう!』と思い、『おじいちゃんとおばあちゃん2人だけの家庭は嫌なんですけど…』みたいなワーホリさんや親御さんたちも多くいらっしゃるのですが、ぶっちゃけてしまうと老夫婦の方がたくさん話しかけてくれます。

若い夫婦で子供がいるとそれだけで彼らの空間が作られているので疎外感を受けてしまう方がとても多いのです。

4.副業、ビジネスとして生徒を預かっている家が多い

上記でも少し説明させていただいておりますが、好意で生徒を受け入れている家庭もあれば、空き部屋を利用した副業として部屋を貸し出している人がいるのも事実です。

ウソは言いたくないので、正直に伝えると若い家庭ほど冷たい傾向にあり、ホームステイ間と生徒間のいざこざや問題が起こりやすいです。

5.オーストラリアは多国籍な国なので、ホストファミリーの元の国籍は様々

オーストラリアはとても多国籍な国なので、色々な国から常に人が出入りしています。
そのため、アジア人もいればヨーロッパ系、南米系など様々な人種の人たちでごった返してます。

ホストファミリーの中にも日本から移り住んできたお母さんとオーストラリア人の旦那さんの夫婦がいたりもします。

ただ、必ず頭に入れておいていただきたいことがどこの家庭でも必ず英語を話してくれます。
それが例え日本人とオーストラリア人の夫婦であっても英語で話してくれますし、英語はほとんどのファミリーは流暢です。
『アジア系は嫌だ』、『オーストラリア人じゃないと嫌だ』といったリクエストは差別的な要素も含まれているので、ホームステイ斡旋会社も対応できない場合が多いです。

6.お父さん、お母さん、子供たち、ペットがいる家は少ないかも

みなさんのよく想像されるようなお父さん、お母さん、子供たち、ペットの一軒家!というホームステイは正直それほど多くないと思っていただいた方が良いかもしれません。

もちろん中にはそういったご家庭もあります。

ちなみに筆者が一番最初滞在したホームステイは老夫婦と犬1匹、猫2匹の素敵なご家庭でした。

7.学校から公共交通機関で通常30分~1時間は離れます

『学校から近いところが良い!』というリクエストを受けることがありますが、どこの都市でも学校はシティの中心部にあるので近いところでホームステイを受け入れているご家庭はあまりありません。

そのため、学校から電車やバスなどを使って30分~1時間の距離になる場合がほとんどです。

8.家でのシャワーは10分以内に抑えましょう!

パースなどはよく水不足に悩まされているのですが、基本的にどこの都市でもシャワーは10分以内に抑えてあげるようにしましょう。

髪の長い女性は大変かと思いますが、お湯がタンク式のご家庭は長く浴びているとお湯がなくなってしまうかも…

9.ご飯が要らない時は事前に連絡!

語学学校に通っていると友達とディナーに行くことや飲みに行くことが必ずあると思います。

ただ、でもそんな時は必ず事前に連絡し、ご飯は今日はいらないからね!と早めに伝えましょう。
というのもお金は払っていますが、他人との共同生活です。
最低限の礼儀や節度は持たなければいけないので、こういった部分には気を使うようにしてあげてください。

10.英語がわからなくても部屋に閉じこもるのは控えて!

『英語がわからないからホームステイの家族と会話にならない… だから部屋にこもって英語の問題集やってる時間が長いんです。』と耳にすることがよくあります。

でも、海外に出たからといってオーストラリア人とすぐ友達になれるかといったらそれは割と難しいです。

みなさん、日本にいる英語しか話せない外国人と友達になれますか?
もちろん英語が少しでも話せたらYes!と答えるでしょうが、英語に興味がない方だったらNo!と答えると思います。
逆もしかりで、日本語に興味ない外国人が英語話せない日本人と趣味以外で通じ合えるところは男女関係くらいでしょう。

そのため、ホームステイ期間中は必ず部屋に閉じこもらずに極力ご家庭の人たちとコミュニケーションを取るようにしましょう。
それが英語上達への第一歩です!!
問題集や参考書を使っての勉強は学校に居残りしたり、寝る前にすることをオススメします。

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
メール:info@japamate.com
ウェブサイト:http://japamate.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*