オーストラリア バスケ留学の実績紹介【国兼 宗次朗くん】学生ビザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

本日はオーストラリア留学 JAPAMATEを利用し、オーストラリアのシドニーへバスケ留学をしにお越しになった生徒さんの実績例をご紹介させていただきます!

オーストラリア留学 JAPAMATEではシドニーにある独立リーグやNBL下部組織と提携しているため、トライアウトの時期にお越しいただければトライアウトを受けていただくことができます。


INDEX

  1. 経歴
  2. なぜバスケ留学プログラムを利用しようと思いましたか?
  3. シドニーアマ独立リーグの感想
  4. JAPAMATEクラブチームの所属しているリーグの感想
  5. 今後の目標

1.経歴

中学校のバスケ部では東京都ベスト8

高校では東京都ベスト4

大学は部活とクラブチームを両立
大学では関東大学リーグ3部に所属、足立区のクラブリーグ1部で準優勝

2.なぜバスケ留学プログラムを利用しようと思いましたか?

国兼くん『英語学びたいと思い、最初は違う留学エージェントを使ってカナダに語学留学をしに行き、そこでバスケできるとこを探してみようと思っていました。

でも、カナダ留学の手続きをしている際に、InstagramでJAPAMATEさん主催の『プロバスケ選手と行くオーストラリアで1週間バスケ合宿』のイベント広告を見て、プロバスケ選手とワークアウトする機会は滅多にないと思い参加しました。

そこでABAでプレーしている松田 鋼季さんやBリーグでプレーしていた伴 晃生さんと出会い、JAPAMATEのユウトさんからバスケできる環境があると聞き、留学エージェントも変更し、行き先もカナダからオーストラリアに変更しました。』

3.シドニーアマ独立リーグの感想

国兼くん『リーグ自体、正直レベルはそんなに高くないです。
ただ、自分はまだまだ英語が苦手で、英語でのコミュニケーションが上手く取れず悔しい思いも良くしています。

チームでも自分以外、もう一人たまたまJAPAMATEさんの利用者さんがいる以外は全員オーストラリア人なのですが、英語が全く得意ではないためチームを上手く回せていないのが現状の問題点です。

自分のチームは身体能力が高い選手が多く、チームプレーができれば優勝も狙えるチームだと思うのですが、個人個人が我を出しすぎてしまい、負けることがよくあります…
ガードの自分がもっとコミュニケーション取ることができたらコントロールできる試合も伝えたいことが伝えられず上手く行かないことがたくさんあるので、言葉の壁が本当に自分にとって課題です…

オーストラリアに来てから個人だけでは勝てないということが痛感しています…』

4.JAPAMATEクラブチームの所属しているリーグの感想

国兼くん『JAPAMATEさんの持っているクラブチームでは伴さんも調整程度に参加しているのですが、プロ選手とプレーする機会なんて滅多にないと思います。

たまたま空きがあったのでこのクラブチームに参加させてもらうことができたのですが、このクラブチームでは伴さんのゲームメイク、チームをコントロールする能力というものをしっかりと勉強させてもらえてます。

このリーグでは相手が基本ゾーンディフェンスで来るのですが、崩し方やイージーシュートのシチュエーションをどうやってチームに作ってあげれるかというのを試行錯誤しています…

プレーよりも知識でまだまだ勝負できていないので、もっともっとチームの動かし方をガードの自分は学ばなければいけないなと痛感しています。

リーグ全体で縦も横も大きい選手が多く、ドライブする際も身体の当て方が日本とは違うので怖い場面もよくあります。
ただ、速い選手は日本に比べ少ないのでディフェンスの時も抜かれはしないのですが日本のような当たり方で行くとファールを吹かれてしまうシーンもよくあります。』

5.今後の目標

国兼くん『目先の目標としてはシドニーアマ独立リーグで優勝をしたいです。

また、1月にB.Dreamプロジェクトと呼ばれるBリーグ全体の合同トライアウトがあるので、それに挑戦し合格しプロバスケ選手になることが目標です。

プロバスケ選手になれたとしてもチームには複数人外国人選手がいる場合がほとんどなので、この今はまだ全然ダメな英語力も留学を終えるまでには伸ばして、それをチーム内で使えてチームに還元していけるように頑張っていきたいと思います。』

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*