【オーストラリア留学】生活費はいくら?バイトでいくら稼げるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

さて、本日はオーストラリア現地での生活費に関してお話させていただこうと思います。

生活費がどれくらいかかって、バイトでいくらくらい稼げるのかさえわかっていればオーストラリア留学のプランも立てやすくなるかと思います。

オーストラリアも日本と同様、都市によって家賃に差がかなり出てきます。

東京の中でも家賃に雲泥の差があるように、オーストラリアでもシドニーの中ですら家賃がかなり違います。

そんな家賃も含めて、食費や交通費などがいくらかかってくるのか明確にしておいた方がお金の計算もできると思うので、ぜひ参考にしていただければと思います。

現地での節約術もご紹介しております!

ワーホリの方必見!現地での節約術|オーストラリア留学

▼初期費用に関してはこちら▼

総額いくら?オーストラリアで留学するのにかかる費用【ワーホリ、学生別解説】

 

1.日本に比べて物価が高いってホント?

これはホントです。
オーストラリアは日本に比べて物価が高いです。

ビックマック指数とはご存知でしょうか?
みなさんもよく知っているマクドナルドで販売されているビックマックは全世界でほぼ同一品質と言われています。

そのビックマックが各国で値段が違うのですが、オーストラリアのビックマックは日本のに比べて140円ほど高いのです。
(オーストラリアが約520円、日本が約380円)

全てがこれに当てはまるとは言いませんが、家賃も日本に比べて高いですし、食費も日本よりもかかりがちです。
食費に関しては日本はかなり安く抑えられる国だと筆者は思います。

男性なら日本で500円もあれば牛丼でランチ済ませられますが、オーストラリアで似たような一品物だと安くても約800~900円かかってしまいます。
ただ、最低時給も18.29ドルであったり、ワーホリさんたちがよく働く日本食レストランであれば賄いで食費も浮く上にお給料も出るので節約は可能なのですが、バイトをしないと物価の高さを痛感することになるかと思います。

2.家賃

ワーホリや学生ビザで留学をしている方のほとんどがシェアハウスという形を取ることになるのですが、家賃はシェアルーム(共同部屋)かオウンルーム(1人部屋)によって変わります。

また、住む都市によっても大きく変動します。
もちろんシドニーやメルボルンといった都市は比較的高くなりますが、パースやケアンズなどの家賃は安くなっています。

下記にシドニーの平均的な金額例を載せておきますので、他都市に留学を考えている方もこれを参考にしていただければ問題なく生活できると思います。

【オウンルーム(個人部屋)の相場】

約8~13万円/1ヶ月
※郊外か街中かによってかなり変動します

【シェアルーム(共同部屋)の相場】

約4~8万円/1ヶ月
※一部屋何人でシェアしているかによります

【ホームステイの相場】

約10~13万円/1ヶ月
※これプラス手配料(200~250ドル)がかかります
朝と晩の食事込み

家の探し方はこちらをご覧ください↓↓

【徹底解説】シェアハウスの探し方|オーストラリア留学

3.食費

上記でも少し話したように、シドニーで外食をすると食費がかかります。
日本は外食するのがかなり安いとオーストラリア歴9年の筆者はすごく感じます。

ただ、意外とフードコートでランチすると値段はで同じくらいだったりします。笑

【オーストラリアのフードコート】

各店舗のセットもの:8~12ドル(720~1100円)

【日本のフードコート】

そば屋さんなどのセットもの:800~1100円

ただ、フードコート以外でご飯を食べると、その違いにけっこうダメージを受けるかもしれません。
『日本で食べたら○○○円で食べれるのに!』なんてものもけっこうあります。笑

ちょっと極端になってしまいますが、その一例としてシドニーにも進出しているとうどん屋チェーンを例に出してみましょう。

オーストラリアだと…

ぶっかけうどん(並):5.30ドル(約480円)

日本だと…

ぶっかけうどん(並):290円

こーんな感じのお値段に違いが出ます。
『そりゃシドニーで日本食食べるからでしょ!』ってツッコミが来そうですが、日本食以外でもタイ料理、インド料理、中華料理と様々なものがオーストラリアでは楽しめますが、どれもメインディッシュなら一品12~20ドルと日本ならなかなかな値段になりがちです。

4.交通費

さて、次に交通費ですが日本と同様、オーストラリアにもICOCAやSuicaのような交通系ICカードが存在します。

州名(都市) カード名 WEB
NSW
(シドニー)
Opal Card https://www.opal.com.au/en/customer-care/multicultural-support/japanese/
VIC
(メルボルン)
MYKI https://www.ptv.vic.gov.au/
SA
(アデレード)
METRO CARD https://www.adelaidemetro.com.au/Tickets-fares/metroCARD
WA
(パース)
SMART RIDER http://www.transperth.wa.gov.au/SmartRider/Types-of-SmartRider
QLD
(ゴールドコースト)
(ケアンズ)
(ブリスベン)
GO CARD https://translink.com.au/

州ごとにちょっと交通費を書いていると自分が疲れてしまうので、今回はちょっとシドニーに限定してどのくらいの交通費が必要になるのか説明しますね。

まず週5日、電車通学すると『約30ドル』かかります。
となると単純計算すると『1ヶ月で120ドル』かかります。
(バスでもほぼ同額必要になります)

5.バイトでいくら稼げる?

次はバイトで稼げると思われる金額を計算していきましょう。

現在オーストラリアの最低賃金は18.29ドルです。(2018年4月時点)
タックスを引くと約15.60ドルが手取りになります。

じゃあ、ちょっと60セントは抜いて、15ドル/1時間という時給で計算してみましょう。

週20時間 300ドル/1週間
週30時間 450ドル/1週間
週40時間 600ドル/1週間

上記の金額稼げるということになります。

これを一ヶ月続ければ
『900~2400ドル(約8~22万円)』は稼げるということです。
これよりも稼ぐ人も多くいますし、学校に通ってる間でも日本食レストランで週20時間働きながら900ドル収入があれば食費もかからないので、生活していけます。

また、週40時間勤務だと一日8時間の勤務すれば良いので、日本のブラック企業で手取り20万円だと考えると残業しなくて良くて、プライベートな時間もでき、遊ぶ時間もリラックスする時間も増えると考えると最高ですよね!✨
オーストラリアらしく、『THE ストレスフリー』です。笑

6.有給インターンシップをしたらいくら稼げる?

有給インターンシップをしたらもちろんお金は稼げます。
ローカル基準の時給をもらえ、手取り15ドルよりも多くもらえることもあります。

下記が『インターンシップをした際の平均的な時給』になります。

Rate Name 平日 土曜日 日曜日 祝日
レベル1 18.29ドル 22.86ドル 31.09ドル 41.15ドル
レベル2 19.53ドル 24.41ドル 33.20ドル 43.94ドル
夜間シフト 21.66ドル 24.41ドル 33.20ドル 43.94ドル
深夜シフト 22.72ドル 24.41ドル 33.20ドル 43.94ドル
グループリーダー 20.21ドル 25.26ドル 34.36ドル 45.47ドル

⇒⇒スクロール⇒⇒

有給インターンシップを探すには方法があります。

以前JAPAMATEのブログ内でインターンシップの探し方を紹介させていただきましたので、その記事を参考にしちゃってくださいね!

オーストラリア留学中どうやってワーホリでインターンシップする!?

また、学校のプログラムから有給ホテルインターンを斡旋してくれるところもあります。

そういった学校に通い英語を勉強して、英語力がついたらインターンシップ先を手配してもらってお金を稼ぐという方法もあります。
※斡旋業者や語学学校を通す場合、インターンシップ斡旋手数料を請求されます。

7.生活にかかる費用と稼げる金額

さて、次に生活にかかる費用と稼げる金額をざっと計算してみましょう。

ワーホリ中に語学学校に通っていると週20時間くらいの勤務(学校終わりの4時間勤務を5日間)であれば身体的にもしんどくないかと思います。

語学学校を卒業した後であれば週40時間働いても、サービス残業があったりするわけではないので心身ともに楽なので、今回はその2パターンで計算してみましょう。

【学校に通いながら働く場合】
家賃
(シェアルーム)
-80,000円
食費 -15,000円
携帯代 -5,000円
交通費 -11,000円
バイト代 +120,000円
(週20時間勤務)
総額 +9,000円
【学校終了後の場合】
家賃
(シェアルーム)
-80,000円
食費 -15,000円
携帯代 -5,000円
交通費 -11,000円
バイト代 +240,000円
(週40時間勤務)
総額 +129,000円

と、ざっと計算するとこんな感じになりました。

こんな感じでワーホリ中も語学留学中も持ち金がマイナスになりながら生活することはまずないので、安心して渡豪してしまって大丈夫です。

日本食レストランで働けば食費ももう少し絞れるかもしれませんし、家もバイト先から徒歩圏内であれば交通費も必要ではなくなるので節約して生活できるかと思います。

8.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

オーストラリア留学中の生活費について少しはご理解いただけたかと思います。

学生ビザは銀行に滞在中生活できる分の貯蓄がないと一般的には言われますが、ワーホリの場合は日本にお金がない状態で留学しても正直生きていけてしまいます。
※もちろん語学学校やホームステイは英語の面で問題になりがちなので、英語の勉強のために手配した方が良いですが…

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/

メール:info@japamate.com

オーストラリア留学 ワーホリ中、シェアハウスの探し方と注意点

【オーストラリア留学】留学中にも稼いじゃおう!オーストラリアでワーホリさんたちが働く主なアルバイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパマイトスタッフが、
あなたの留学を強力サポート。
無料相談受付中

ただいまジャパマイトでは、無料カウンセリング受付中です。
カウンセリングでは、以下のようなサービスが無料で受けられます。

・無料カウンセリング

・留学のプランニング

・想定予算

メール、電話、LINE、Skypeのうちから、
ご希望の方法でカウンセリングいたします。

もちろん、ご相談いただいてもしつこい営業などは一切ございません。
どうぞお気軽にご相談ください。


無料カウンセリングを依頼する

この記事の執筆者

コメントを残す

*