オーストラリアで働くには?体験談、費用などのインターンシップ実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
オーストラリア留学エージェント JAPAMATEのユウトです!!

オーストラリアに来たら是非とも経験していただきたい英語のみの職場!
オーストラリア人がどんなスタンスで仕事をし、生活をしているか見るのも良い経験だと思います

日本人の視点からみるとオーストラリア人は仕事をしない!と思いがちですが、ただその一点を見るのではなく、なぜそんな風に思うのかもちょっと深く掘り下げて考えてみると面白いですよ。

さて、今回の記事ではオーストラリアで働く、もしくはインターンシップに関しての記事をお話させていただきますので、ワーホリや学生ビザでオーストラリア留学をお考えの方は是非一度読んでみてくださいね。

こちらの記事にインターンシップの体験談も載っているので是非一度ご覧ください↓↓
(リンク:実際の声を聞いてみよう!オーストラリアでのワーホリ体験談

 

1.そもそもインターンシップとは?

インターンシップ(Internship)とは職業経験を積むために企業などで研修をすることです。
インターンシップ、略してインターンには有給インターンと無給インターンと呼ばれる種類があり、有給インターンは文字通り、お給料の発生する企業研修で、無給インターンはその逆であるお給料の発生しない企業研修となります。

通常オーストラリアでは、ホテルで勤務するホテルインターンが有給になるパターンが多く、オフィスなどは無給インターンになるパターンが多いです。

2.オーストラリアでインターンシップを見つけるには?

さて、オーストラリアでインターンってどうやって見つけるのかと言いますと、見つけ方は3パターンありますので、それを下記にてご説明させていただきますね。

2.1.インターンシップ斡旋会社を使う

一番確実で見つけやすいのがこちらの方法です。
インターンシップ斡旋会社を利用することによってお金はかかってしまいますが、有給と無給どちらのインターンも見つけてもらえます。

また、インターン斡旋会社で履歴書の書き方や面接(インタビュー)のトレーニングを実施してくれる場合も多いので、こういった場でしっかりとケアをしてもらえると他の方法よりも必然的に採用される確率が高くなります。

ただ、確実にすぐ仕事が見つかるとも言えないのが現実で、もちろん英語力が低い方やリクエストが多い方の場合、インターン先の候補がなかなか見つからない場合もございます。

JAPAMATEではオーストラリア現地のインターンシップ斡旋会社と提携しており、直接インターンシップ斡旋会社に依頼するのと同じ金額で手配ができます。
もしよろしければ一度JAPAMATEまでお問い合わせくださいね!
(リンク:http://japamate.com/#inquiry

2.2.学校のプログラムを利用する

次に特定の学校には一般英語コースとパッケージでホテルインターンやオフィスインターンを斡旋してくれる学校もございます。

中にはそのまま通っている学校でインターンとして採用してもらえる場合もあるため、もし現在、学校に通っているのであれば一度学校の担当者にお話をしてみるのも良いかもしれませんね。

ワーホリ中、シドニーで有給ホテルインターンシップができる!?

2.3.インターネットで検索する

日本語の総合掲示板サイト JAMS.TV(ジャムズ)日豪プレスなどのサイトに行くと、仕事探しのページがあり、そこでインターン生を募集している広告もあります。

留学エージェントや旅行代理店などでインターン生を募集している場合もございますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

JAMS.TV:http://www.jams.tv/

日豪プレス:http://nichigopress.jp/

この2つは日本語の総合掲示板サイトになるので、「日本語はイヤ!」「現地企業でのインターンがしたいんだ!!」なんて場合はIndeedと呼ばれる仕事探しサイトでもインターンシップに関する検索結果が出ます。

Indeed:https://au.indeed.com/Internship-jobs-in-Sydney-NSW

3.どんな仕事があるの?

さて、どんな仕事があるのかと言いますと、英語で勤務する場合、もうそれは色々な職種があります。

例えば、

  • ホテルやレストランなどのホスピタリティ業
  • オフィス(事務など)
  • アカウンティング業(会計)

など様々なので、ある程度職種は選ぶことはできます。
※オフィス系の仕事は高い英語力が必要となります。

こういったことは本当にタイミングもあるので、タイミング悪くインターンシップ先がなかなか見つからないこともございますので、そういった場合は気長に待っていただけると斡旋会社もエージェント側もすごく助かります。笑

4.英語力はどのくらい必要?

さて、ここが一番大事なポイントです。
英語力がないとどうしてもホテルインターンを申し込んだ際でもベッドメイキングやホテル内レストランにあるキッチン等に回されがちです。

これはインターンシップ斡旋会社や学校もできる限りのことはしてますが、コントロールできない部分でもあるので、インターンをお考えの場合はインターン前にしっかりと英語力を伸ばすことに最善を尽くすようにしてください。

オフィス系インターンの場合、Upper-Intermediate(中上級)レベルの英語力、ホテルインターンで受付業務などをしたい場合も同様です。

ホテルインターンなどで別に英語が目的じゃないしー、とりあえず業務内容はなんでもいいか…ということであればPre-Intermediate(中下級)、Intermediate(中級)でも手配は可能です。

IELTSやTOEICを参考にする場合、だいぶラフな数値とはなりますが下記の表を参考にしてくださいね。

  IELTS TOEIC 英検
Advanced(上級) 7.5以上 950 1級
Pre-Advanced(上下級) 6.5以上 800 1級
Upper-Intermediate(中上級) 5.5以上 650 準1級
Intermediate(中級) 4.5以上 550 2級
Pre-Intermediate(中下級) 3.5以上 450 3級
Elementary(下級) 2.0以上 × 4級

※あくまでも参考となりますので、ご注意ください。

英語が第一言語の国(…もちろん多国籍なので多言語を話す方も多いですが。笑)なので、働くなら英語ができて当たり前、生活するなら英語ができて当たり前の国なので、できる限り英語力は上げてからでないと希望したインターンシップ先も見つからないのが現状です。

5.インターンシップから正規雇用ってあるの?

インターンシップから正規雇用… そんなことになれたらいいなーなんて声をよく聞きます。
でも、実はインターンシップから正規雇用なんて夢のような話が現実にはちょくちょく起こります!

そんな例を挙げておきますので、ぜひ一度ご覧くださいね!!

下記の記事でもインターン後の進路について書かせていただいておりますので、どうぞご覧くださいませ↓↓

ワーホリや学生ビザでオーストラリア留学後の進路

5.1.インターンから正規雇用された例:この記事の筆者(ユウト)

そうなのです!!
実は筆者のユウトも昔インターンシップをしていたシドニーにある学校にてそのまま正規雇用までしていただいた過去があります。

積極的に何をするかどうかを聞いてまわり、日本人である利点を最大限に活かせるように頑張りました。

オーストラリアで働くということは、日本人であるからできることが絶対に何かあるはずだと思います。

ただ、日本人は積極的に何かを発言したりするタイプでない方が多いのですが、そういった日本人らしさは捨てて、日本人であって良い点と海外らしさを出せることができればきっと良い結果に繋げることができると思います。

5.2.インターンから正規雇用された例:Tokitoさん

La Lingua Language School(ラリングア・ランゲージ・スクール【リンク】:http://japamate.com/school/la-lingua-language-school)というスピーキング中心で人気の語学学校にて現在勤務しているTokitoさん。

インターンシップ生としてラリングアにて受付業務などをしていたTokitoさん、その仕事ぶりを認められて今ではマーケティングスタッフとして現地の留学エージェントさんたちを周っているそうです。

彼がなぜ正規雇用になったかを聞いたところ、やはり日本人である利点を活かすために勤勉なところを見せつけるようにしたそうです。

また、語学学校のスタッフとして勤務しているので、もちろん日本人留学生を含む色々な国からの留学生とも仲良くならなければやはり採用はされにくいそうです。

いつも受付でニコニコと生徒さんたちに挨拶をし、積極的に話かけ、日本人ならではのきめ細やかなケアのおかげで現在のポジションまで上り詰めていったそうです。

6.インターンシップにかかる費用

さて、最後に気になるインターンシップにかかる費用ですが、期間や職種によって金額に変動は起こってしまいますが、下記の表のようになります。

◆オフィス業務の場合◆ ※2018年6月時点

JAPAMATEの提携している
インターンシップ斡旋業者
学校のプログラム ご自身で見つける
1~4ヶ月の場合 1400ドル
(約10万8千円)
1400ドル~
(約12万6千円~)
基本は無料
※仲介エージェントがいる場合も…
4ヶ月以上の場合 2400ドル~
(約21万6千円~)

ご自身で見つけれれば無料なのですが、やはりインターン斡旋業者やプログラムの一環で手配してもらった場合、履歴書の作成を手伝ってもらえたり、面接(インタビュー)のトレーニングを受けたりすることもできるので、お願いしてしまう方がより多くの職種やチャンスを得ることができるかと思います。

◆有給ホテルインターンシップの場合◆

JAPAMATEの提携している
インターン斡旋業者
学校のプログラム ご自身で見つける
1~4ヶ月の場合 3000~3500ドル
(約27万~31万5千円)
280ドル~(約2万5千円)
※語学学校に通うなど条件有り
基本は無料
※仲介エージェントがいる場合も
4ヶ月以上の場合 3000~3500ドル
(約27万~31万5千円)
280ドル~
※語学学校に通うなど条件有り
基本は無料
※仲介エージェントがいる場合も

7.ワーホリ中、インターンシップ計画のまとめ

  • 英語力はできればUpper-Intermediateが理想的!
  • オフィス系インターンを斡旋してもらう場合、必要費用は1200ドルが最安!
  • インターン斡旋業者は斡旋するだけでなく、面接のトレーニングなども受けれます
  • インターンから正規雇用されるチャンスもあり!
  • 有給ホテルインターンシップはお給料が出る分、手配料も高くなります

さて、いかがでしたでしょうか?

ワーホリでオーストラリアまで来たものの、履歴書に書けることが特にない!なんてことを避けるためにも是非とも受けていただきたいインターンシップ。

日本人留学生の数は2016年度で12,000人もいたそうですが、その12,000人の中でどれだけ自分は違った形で留学生活を送れるかが就活や再就職の際に大きなポイントになってくるかと思います。

昨今、企業側もワーホリの制度を知っている場合が多く、英語力を伸ばすこともできず帰国してしまう日本人留学生も少なくないため、面接時や採用時にどれだけのことをしてきたか、そこから何を得たかを説明する必要があるので、ご留学を検討されている場合は一度、インターンシップのこともプランの一部に考えてみる良いかもしれません。

こちらの記事もお読みください↓↓

ワーホリでホテル有給インターンシップ|オーストラリア留学

【休学して留学】ワーホリを就活に役立てるオススメの方法

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
メール: info@japamate.com
ウェブ: http://japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*