ワーホリ中でもジムに通いたい!オススメのジムは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

実はオーストラリアはスポーツ大国で、とってもスポーツが盛んです。
ジムも至る所にあり、仕事のランチタイムの時にジムに行く人もいるほど…
公園や街中なんかでもランニングしたりしている人たちがいるほど…

体育館やグラウンドでは毎晩色々なスポーツの社会人クラブチームのリーグ戦が行われていたりします。

仕事後にあたる18時頃にジムに行くと超満員…
そのため混んでいるのがとっても嫌いな筆者は早朝か夜の遅い時間にしかジムに行きません。笑

そんなオーストラリアにある主要なジムをご紹介させていただきますので、ワーホリや学生ビザでオーストラリア留学をする方々はぜひ参考にしちゃってください!


INDEX

  1. 入会方法
  2. Anytime Fitness(エニタイムフィットネス)
  3. CRUNCH(クランチ)
  4. F45
  5. Fitness First(フィットネスファースト)
  6. Jetts(ジェッツ)
  7. Plus Fitness(プラスフィットネス)

1.入会方法

入会時にどこのジムでも入会金やキーデポジットが必要になりますので、総額で100~300ドルほど必要と思っておいて良いでしょう。

個人経営のジムだと入会時に期間分の料金を前払いをしなければいけないところもありますが、今回の記事でご紹介するジムは毎週、もしくは2週間に一度お支払いをすることになります。

場所や時期によっては入会金無料キャンペーンをやっていたりするところもあるので、直接ジムに問い合わせてみましょう。
ワーホリや学生ビザで英語を勉強している方は良い勉強になるのでオススメですよ!!✨

※ジムの初期費用に関してはプロモーション料金が適用されている可能性もあるので、あくまでも参考として認識しておいてくださいね。

【入会方法】

  • ジムに直接行く
  • ジムのウェブサイトからオンラインで登録する
【入会時に必要なもの】
  • 身分証(パスポート)
  • クレジットカード
  • 入会金 ※クレジットカードで支払い
  • キーデポジット(カードキーの保証金)※クレジットカードで支払い

2.Anytime Fitness(エニタイムフィットネス)

  • 24時間利用できます
  • Anytime Fitnessのジムならどこでも利用可
会員費 / 1週間 16.25ドル
カードキー代 69.95ドル
入会金 99ドル
初期費用 201.45ドル

オーストラリアのどこにでも支店があり、筆者も利用しているこのジム…
ジムによって設備のランクも様々なので、色々と周ってみることをオススメします。

3.CRUNCH(クランチ)

  • 営業時間内だけ利用可
  • メンバーシップのクラスによってどこのCrunchでも利用可
    ※Peak Membership以上ならどこでも利用可、Base Membershipは入会した店舗のみ利用可
会費 / 1週間 9.95ドル
初期費用 85.70ドル
(カードキー代、
入会金込み)
※プロモーション適用時

筆者も使っていたことがあるCrunch…
値段も安いのに設備も整っているのでオススメです!
ただ、24時間ではない上、値段が安いので利用者も多く、思ったように機材が使えないこともありました…

4.F45

  • プログラムの時だけ利用可
8週間
Challenge Program
59.95ドル
(1週間)

今回紹介した中で一番変わっていると言っても過言ではないこのジム…
45分間の間に20種類以上のワークアウトをグループレッスンという形でしていくというものになります。

グループでワークアウトをすることでダレてしまうこともなく、真剣にがっつりとワークアウトに集中できるジムです。

5.Fitness First(フィットネスファースト)

  • 営業時間内だけ利用可
  • メンバーシップのクラスによって利用できる店舗とできない店舗があります
会員費 / 1週間
※Platinum Memberの場合
29ドル
入会金 65ドル
初期費用
(12ヶ月分先払い)
1,573ドル

Platinumランクの店舗であればプールやサウナが付いているところもあり、身体のリフレッシュもできるのでとってもオススメです。
機材も整っている店舗が多く、24時間であれば筆者も行きたいところ…笑

6.Jetts(ジェッツ)

  • 24時間利用できます
  • Jettsの店舗ならどこでも利用可
会員費 / 1週間 14.95ドル
カードキー代 69ドル
入会金 89ドル
初期費用 187.90ドル

Anytime Fitness同様、Jettsも店舗によって設備の整い具合が違います。
そのため、Jettsも色々と周ってみた方が良いかもしれません。

7.Plus Fitness(プラスフィットネス)

  • 24時間利用できます
  • Plus Fitnessの店舗ならどこでも利用可
会員費 / 1週間 16.95ドル
初期費用 161.90ドル
(カードキー代、入会金込み)

正直なところ、Anytime FitnessとJetts、Plus Fitnessは感覚的に同じに感じます。
どこも店舗によって広さ、設備が違います。
そのため、お気に入りの店舗を見つけるのをオススメします。

さて、いかがでしたでしょうか?

住宅街以外の駅であればどこの駅近くにも割と1~3つのジムがあります。
そのため、そのためとりあえず色々と見て周って、気に入ったところに入会することをオススメします。

24時間営業のジムであれば意外とどこも似たり寄ったりな場合が多いのですが、プロモーションさえかかっていれば安く入会することも可能なので、プロモーションのタイミングを見計らって入会するのも安く済ませる手だと思います。

ワーホリや学生ビザでも簡単に入会できるので、筋トレ大好きな人はもちろん、これを機にジムでも行ってみようかなーなんて方もぜひ一度ジムに行ってみてくださいね!

ジムにいると話しかけられることもちょくちょくあるので、英語の勉強にもなりますよ!

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*