【チャイルドケア・保育】オーストラリア留学の専門コースについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

オーストラリアにワーホリ(ワーキングホリデー)や学生ビザで来る方の中に多い職業の1つとして保育士の方もちょくちょくいらっしゃるのです。

『日本で保育士だったからオーストラリアでも働きたい!』
『オーストラリアで保育士として働くにはどうすれば良いですか!?』
といった質問もよく受けます。

そんなオーストラリア現地で保育士になりたい方にオススメなのが、チャイルドケア(保育)専門学校になるのです。
というのもチャイルドケアの学位、Certificate 3を最低でも取らなければ現地の保育園や幼稚園では働けないので、オーストラリア現地で保育士になるには絶対に専門学校で学位を取得しなければいけないのです。

そこで今回の記事では『チャイルドケア(保育)コース』についてご説明させていただこうかと思います!

▼こちらの記事もオススメ▼

留学エージェントとして伝えたいオーストラリア留学の実情

1.チャイルドケア(保育)コースとは?

チャイルドケア(保育)コースとは英語で『Early Childhood Education and Care』という名称になるのですが、オーストラリアでの保育に関して勉強することになります。

そして、そのEarly Childhood Education and Careの学位を取らなければオーストラリア内にある保育園や幼稚園で働くことができないのです。

さて、それではチャイルドケア(保育)コースについて説明していきましょう!

1.1.コース内容の例

【チャイルドケア(保育)コースの内容例】

  • 食べ物や飲み物のこと
  • 子供への接し方
  • 問題へのアプローチの仕方
  • 特殊な文化を持つ子供たちへの対応の仕方
  • リスクマネージメント
  • 子供へのアクティビティ
  • 緊急時の応急処置
    などなど

保育士のオーストラリア留学!現地で保育士になるには?

1.2.チャイルドケア(保育)コースで取得できる学位

  • Certificate 3
  • Diploma

上記2つの学位が日本で言う『専門卒』や『短大卒』という扱いとなり、大卒扱いになるのが『Bachelor』という学位になります。

保育士になるためのオススメ専門学校|オーストラリア留学

1.3.チャイルドケア(保育)コースの期間

目安として
Certificate 3 in Early Childhood Education and Careの場合、7ヶ月~12ヶ月ほどとなっております。
Certificate 3とDiplomaのパッケージコースの場合、1年半~2年
※コース期間は通う専門学校によって変動します。

1.4.入学に必要な条件

  • 18歳以上であること
  • 高卒であること
  • 英語力(IELTS 5.5 以上)があること
    ※学位のレベルによって必要な英語力は違います

2.どんなことを勉強するの?

上記でもコース内容をご紹介させていただいておりますが、
チャイルドケアコースでは教室のコントロール方法や子供への接し方などを勉強することになります。
また、国際色豊かなオーストラリアらしく、色々な文化などを考慮したケアの仕方や働く際の注意点なども勉強することができるため、今後外国人が増えると言われている日本に持ち帰ると重宝できるかもしれない内容を学べるかと思います。

そして、120時間の実習がコース内に組み込まれているため
実習中には実践的なレポートの書き方などを学ぶことができ、大体の生徒さんが実習先からお仕事をもらっているのがチャイルドケアコースのオススメポイントの1つですね!

3.課題の多さはどのくらい?

課題の量は基本的には1Term(3ヶ月)で計8個ほどの課題が出ます。
テストであったり、レポートであったりと様々ですね。

チャイルドケアコースはグループワークも多いため、グループになった人が怠け者だともう…他人の分の課題もやらなければいけなくなるので、グループメンバー選びには注意しましょう!笑

ワーホリ(ワーキングホリデー)から学生ビザに切り替えて、英語力ギリギリで入学する場合だとけっこうレポートなどに悩まされたりするようなので、なるべく英語力は上げておくことをオススメします!!

4.日本に帰国した後、就活とかに使えるの?

さて、日本に帰国した後にこういったCertificate 3やDiplomaが使えるかというところですが
使えるには使えるけど、ある一定の条件下でなければ使えない可能性も出てきます。

というのも、日本の保育園や幼稚園では『日本の保育士免許』、『日本の幼稚園教諭の免許』の取得が必要になります。
これはオーストラリアで取得したものでは有効ではないのです。

ただ、もし日本での資格を持っている方で、オーストラリアでも保育園の先生をした経験や学位があれば日本のインターナショナルスクールや保育園、幼稚園での就活が楽になるとのことも耳にしています。

5.オーストラリアの保育園や幼稚園で就職はできる?

『Certificate 3 in Early Childhood Education and Care』を取得した後であれば、オーストラリア内で働くことは可能です。
ただ、問題点が一つあり、オーストラリアの国籍を持っていない人たちはビザがなければオーストラリア内に滞在することができません。
ということはビザがなければCertificate 3を取得したところで働けないということです。

でも、もしCertificate 3だけでなくDiploma of Early Childhood Education and Careまでビザを取得していれば、Diplomaの就学期間中に保育園や幼稚園で働くことが可能なのです。

オーストラリアで働いてみたい!という方はビザの期間にも注意が必要です。

6.オーストラリアの保育士のお給料はいくら?

学位\雇用形態 Casual Part-Time Full-Time
Certificate 3 27.94ドル 22.35ドル
Diploma 30.28ドル 24.22ドル
Bachelor 40.30ドル 32.24ドル

上記がCasual 雇用、パートタイム、正規雇用での最低時給となります。
こうしてみると『Casual 雇用って時給高い!Casual 雇用ええやん!』ってなるかもしれませんが、Casual雇用には有給や病欠時の手当てなどといったものが一切付きません。
そして、勤務時間が一定に決められているわけではなく、何よりもクビになる際には事前通告なしで唐突にシフトに入れてもらえなかったりするのです…

だからこそ有給などをしっかり欲しい人はフルタイムかパートタイム雇用を狙っていきましょう!
ただ、学生ビザの条件上、1週間で40時間働くことはできないのでフルタイム雇用はもらえないですが…
(学生ビザは2週間で40時間までしか働けません)

▼現在オーストラリアの保育園で勤務されているSakiさんの体験談はこちら▼

【オーストラリアでのワーホリ体験談】vol.4 シドニーにある現地の保育園にて勤務するSakiさんのケース

7.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

オーストラリアで保育士をしたい方は必ず『Certificate 3 in Early Childhood Education and Care』を取得しなければいけないということがご理解いただけたかと思います。

ただ、ワーホリをして日本に帰ってしまうよりもこういった資格を取得して日本に帰国した方が就活時などで圧倒的に有利に働きます。
もしオーストラリア留学をお考え、もしくはオーストラリアに留学しているけど、何か資格を取ってから帰国したいなーという方にはオススメの資格なので是非ご検討くださいね!

オーストラリアで保育士に!?一味違うワーホリ留学プラン

もし、『学生ビザに切り替えて勉強する時間なんかない!』なんて場合はワーホリ時でも取得できる児童英会話講師の資格『TECSOL & J-Shine』なんて資格も良いかもしれませんね。
▼詳しくはこちら▼

児童英会話講師の資格 TECSOL & J-Shineとは?

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパマイトスタッフが、
あなたの留学を強力サポート。
無料相談受付中

ただいまジャパマイトでは、無料カウンセリング受付中です。
カウンセリングでは、以下のようなサービスが無料で受けられます。

・無料カウンセリング

・留学のプランニング

・想定予算

メール、電話、LINE、Skypeのうちから、
ご希望の方法でカウンセリングいたします。

もちろん、ご相談いただいてもしつこい営業などは一切ございません。
どうぞお気軽にご相談ください。


無料カウンセリングを依頼する

この記事の執筆者

コメントを残す

*