オーストラリア バスケ留学の実績紹介【辻 佑樹くん】ワーホリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

今回の記事では弊社のバスケ留学プログラムのご利用者の1人である辻くんをご紹介させていただきます。

アメリカにも短期でバスケ留学をしたり、怪我をしてもめげずにバスケを続けるバスケ大好きな辻くん…
練習にも真摯に取り組み、毎日上手くなろうという努力をしっかりとしていました。

少しでも多くのことを吸収しようとする姿勢には偉いなと感じるほどに頑張る頑張り屋さんです。

オーストラリアへバスケ留学をする前に腰を怪我してしまい、完治していない中、JAPAMATEのお世話になっている経験豊富な治療家さんたち総動員してケアをしてもらいながら、無事アマチュア独立リーグでのチームキャプテンとしてシーズンを完遂。

そんな怪我に悩まされながらも、毎日少しでも吸収していきたい!という上昇志向の辻くん…そんな彼のバスケ留学体験談をご覧ください。


INDEX

  1. 経歴
  2. なぜバスケ留学プログラムを利用しようと思いましたか?
  3. シドニーアマ独立リーグの感想
  4. シドニーでの生活はどうですか?
  5. 今後の目標

1.経歴

中学校の頃からバスケを始め、京都市大会で3位などになったりしました。

高校は部活ではなく、Bリーグに所属している西宮ストークスの育成チーム『兵庫インパルス』に所属し、バスケットボールに勤しんでいました。

その後、ワーホリを使ってシドニーにバスケ留学。
アマチュア独立リーグに所属しているチームでキャプテンとしてチームをコントロール。

2.なぜバスケ留学プログラムを利用しようと思いましたか?

将来のためにも海外のバスケットボールにもっと触れたくて機会を探していたところ、たまたま知り合いからJAPAMATEさんのバスケ留学プログラムの話を聞き、これだ!と思い参加しました。

ガードには必ず英語で話す力が必要なので、語学を学びつつ、トライアウトに受かれば海外のチームでプレーできるという可能性のある話は自分にとってとても魅力的でした。

3.シドニーアマ独立リーグの感想

参加したリーグがアマチュア独立リーグの25歳以下のレベルだったこともあり、聞いて思っていたレベルとは全然違いましたが、十分なプレータイムをもたえたりしたので良かったです。

良くも悪くもオーストラリア人の大雑把なプレーが出ていて、スピードやバスケIQといった面では通用しましたが、フィジカル面で苦労することが多く、こういったバスケットボールというものもあるんだなと勉強になりました。

日本とは違い、トランジションのバスケットボールではないので、こうしたオーストラリアと日本の違いという点も学ぶことができました。

こちらの記事もお読みください↓↓
アマ独立リーグってどんなとこ?オーストラリアへバスケ留学

4.シドニーでの生活はどうですか?

ワーホリでも学校に通えるということで、語学学校にも通って英語を勉強していました。

生活スタイルとしては、朝から昼過ぎまでは語学学校…
そこから体育館に行き、練習してからバイトへ…

こんな生活をしていたので、とてもハードでしたが、タフな毎日を過ごすことができ、人としても成長できました。
親のありがたみを心底感じました…笑

この4ヶ月を経験できたことは自分にとってとても価値のあることだと思います。

5.今後の目標

今後はオーストラリアの経験を活かして、自分の目標であるプロバスケ選手になるために日々努力をしていこうと思います。

オーストラリアでの生活は忘れることのできない良い想い出です。
とっても良い時間でした。

両親、コーチ、JAPAMATEのユウトさん…
たくさんの人たちの応援、協力のおかげで自分がこうしてバスケをできていることを忘れずに日々精進していきたいと思います!

≪バスケ留学 実績例≫

オーストラリア バスケ留学の実績紹介 【元Bリーグ選手、Hornsby Spiders 伴 晃生】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介 【教師:平田 博貴】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:辻 佑樹】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:安田 桂弘】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:国兼 宗次朗】(学生ビザ)

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*