オーストラリアへバスケ留学!参加者のレベルは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、どうもこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

さて、本日は『オーストラリアにバスケ留学をしたい!でも、どんなレベルの選手が参加してるんだろう…自信ないけど大丈夫かな…』なんて思っている方たち向けに記事を書かせていただきますね!

今まで『オーストラリアへバスケ留学をしに行きたい!』と思った人から受けた問い合わせのほとんどに『日本から来るみなさんはどんなレベルなんですか?』と聞かれます。

みなさん、他のプレーヤーが気になるんでしょうね。笑
自分でも気になりますから気持ちはよくわかります。笑

そんな方々のために今までワーホリや学生ビザを保持して参加したバスケ留学経験者さんたちのちょっとした経歴やレベルというものをご紹介していきますね!!

【バスケットボール留学】のためにオーストラリアのシドニーへ!

ワーホリでバスケ留学!なぜオーストラリア!?【バスケ事情】



1.プロ下部リーグの場合

プロ下部リーグに関しての記事はこちら↓↓
プロ下部リーグってどんなとこ?オーストラリアへバスケ留学

Bリーグ選手も参加していたこのオーストラリアプロバスケ下部リーグ…

オーストラリア人でこのリーグ内でプレーしている選手ではオーストラリアプロバスケリーグ『NBL』でプレーしていた選手やユーロリーグ経験のある選手がいたり、上手い選手はかなり上手いです。
でも、上手くない選手も中にはいます。

他にもアメリカ人やヨーロッパ系の人たちもプレイしていることが多く、基本的にはバスケのレベルはけっこう高いです。

日本人では今までBリーグ選手の伴 晃生さんしか契約を勝ち取ったことがありません。
各チーム2枠しか外国人枠がなく、トライアウトにてアメリカ人などと戦い勝ち取らなければいけないため、正直なところ参戦するのは簡単なリーグではありません。
※あくまでもプロではないので、契約金やサラリーは発生しません。
(よほどすごい選手には発生するそうですが…)

もちろん活躍するのも簡単ではありませんが、このリーグに入れることができれば得るものも多いでしょう。
このリーグに挑戦したいのであればワーホリで語学学校にも通って英語をある程度習得した後、バスケ漬けの生活にするのがオススメです。
学生ビザで語学学校に行きながらバイトしながらの生活だと少し大変かもしれません。

【バスケ留学】ワーホリでプロ下部組織へ!元Bリーグ選手の海外生活

2.アマチュア独立リーグの場合

アマ独立リーグに関しての記事はこちら↓↓
アマ独立リーグってどんなとこ?オーストラリアへバスケ留学

アマチュア独立リーグには2レベルのリーグがあります。
25歳以下のリーグと全年齢対象のリーグの2種類です。

二つのリーグに分けて説明していこうかと思いますが、そもそもプロ下部リーグ、アマチュア独立リーグ両方に実績は必要ありません。
トライアウトでどれだけ自分をアピールできるかが必要になります。

アマチュア独立リーグの場合、2つのどちらのレベルにしても日本でバスケをしていた方であれば活躍できるかできないは別にしてもどこかのチームには所属できるはずです。

【25歳以下のリーグ】

25歳以下のリーグに今まで参加した参加したJAPAMATE利用者の方々のレベルは様々です。

県大会常連校の選手や、部活には入らず高校時には所属していたクラブチームで練習し続けた選手など多岐に渡ります。
でも、正直なところこの25歳以下のリーグであればトライアウトに落ちることはまぁほぼないかな…と思います。

ワーホリや学生ビザの方であまり自信がないけど…という方にはちょうど良いリーグかもしれません。

≪アマ独立リーグでのバスケ留学 実績例≫

オーストラリア バスケ留学の実績紹介 【教師:平田 博貴】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:辻 佑樹】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:安田 桂弘】(ワーホリ)

オーストラリア バスケ留学の実績紹介【大学生:国兼 宗次朗】(学生ビザ)

【全年齢対象のリーグ】

この全年齢対象のリーグに今まで参戦した選手は割と実績自体は様々です。
市大会レベルで負けてしまう高校だった選手、県大会常連校の選手などなど…

オーストラリア現地から参加している選手のレベルは様々で、レベルが正直全く高くない選手も中にはいます。
上手い選手もいますが、プロ下部リーグに比べると圧倒的に少ないです。

また、25歳以下のリーグに比べると身長の高い選手も多くなり、割とフィジカルにプレーしてくる選手も在籍しているリーグになるため、フィジカルコンタクトがある中でシュートまで持って行くことなどを習得できるかと思います。

日本にはなかなかないラフな当たりの中でバスケをプレーできるようになれば、日本で気持ちよくプレーできるようになるかもしれません。

3.地域クラブリーグの場合

オーストラリア留学 JAPAMATEのプログラムであれば地域クラブチームに所属し、プレーすることもできます。

所属するチームのディビジョンなどにもよりますが、参加している方のレベルは本当に様々です。
JAPAMATEの運営しているチームにはバスケ留学プログラム利用者さんや伴 晃生さん、1~2ヶ月間たまたま調整のためオーストラリアに来ていたABAプレーヤーの松田 鋼季さんなどがプレーしていたこともあったりと本当にチームメンバーのレベルも様々…
過去にはワーホリや学生ビザで滞在していた方たちも多くプレーしていたこともあります。

他のオーストラリア人などのチームであれば弱いところを選べばどこでもプレーさせてもらえるでしょう。

4.パーソナルトレーニングの場合

オーストラリアは日本と違い、バスケのパーソナルトレーニングや少人数でのトレーニングが盛んです。

そのため、レベルに問わずパーソナルトレーニングを受けることができるので、観光ビザの短期留学でもプロのコーチを付けてトレーニングをすることができます。

5.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

オーストラリア留学 JAPAMATEのバスケ留学プログラムはどんな選手のレベルでも対応可能です。
ただ、プロ下部リーグは必ずしもチームがあるわけではなく、トライアウトを複数チーム受けて合格してもらうしかありません。

アマチュア独立リーグには外国人枠などの規定はないので、簡単にトライアウトを合格することは可能だと思いますが、まずそもそも英語が全く話せない選手はコミュニケーションが取れない、戦術が理解できないのであまり試合に出してもらうことができない可能性があります。
そのため、事前に語学学校に通ってしっかりと英語を勉強した後や勉強しながらチームに所属することをオススメします。

アマチュアとはいえ、我の強い外国人がチームメイトになります。
日本人の『みんなでパスを回して~』なんてバスケはあまりありません。
なので、コミュニケーションが取れないとチームメイトと上手くいかない…なんて選手も今まで見てきています。

オーストラリアでのバスケ留学に興味がある方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

こちらの記事もお読みください↓↓
【オーストラリアでバスケ留学】費用はどのくらいかかるの? – 期間別ケースの紹介

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*