オーストラリア留学 ワーホリ中、シェアハウスの探し方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、みなさんこんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

オーストラリア留学では多くのワーホリさんや学生ビザの方々がホームステイに最初は滞在し、その後シェアハウスに移ります。

ただ、実はそのシェアハウス探しが留学での一番最初の難関になる方が多いです…
あ、いや、英語の方が一番最初の難関になるかも。笑

そこで、今回はそんな難関を乗り越えていただくためにシェアハウスの探し方についてご説明させていただこうと思いますので、ぜひご参考にしてくださいね!

こちらの記事もお読みください↓↓
ワーホリ・ワーキングホリデーで失敗しない方法|オーストラリア留学

1.シェアハウスの探し方

シェアハウスの一般的な探し方ですが、基本的には下記の2パターンになると思います。

  • 掲示板サイトの募集広告から探す
  • 知人から紹介してもらう

掲示板サイトから募集広告を見て探す方法がほとんどのみなさんが通る道でしょう!
もちろん中には知人から紹介してもらったり、彼氏彼女の家に転がり込むという方法もあるかと思います。

でも、知人から紹介してもらったりする方法はこれと言って何か特別なことをするなどのことはございませんので、今回は詳しく説明はせずにある程度省かせていただきますね!

ワーホリ中、シェアハウスは自分で探した方が良い?

1.1.オウンルーム(一人部屋)とシェアルーム(共同部屋)の違い

一口にシェアハウスといってもオウンルーム(一人部屋)とシェアルーム(共同部屋)に分けられます。

ワーホリの方の多くが家賃を節約するためシェアルームに住む場合が多く、さらに都市部に住めば学校までの交通費も浮かすことができます。
ただ、その分そういった場所のシェアルームは3人、4人部屋になることが多く、そういった生活に我慢できるのであれば節約のためにシェアルームに住むのが良いかと思います。

オウンルームとシェアルームの家賃の違いについて↓↓

オーストラリア留学にかかる費用は? 項目別、期間別の費用一覧

1.2.掲示板サイトの募集広告から探す、募集記事の探し方

こちらの記事で紹介させていただいている掲示板サイトから募集記事を見てみてください。

家探し、仕事探しはとりあえずここ!オーストラリア留学 ワーホリ中に役立つ情報サイト

簡単な流れとして

  1. 掲示板サイトで募集広告を探す
  2. 物件のオーナーに連絡をする
  3. インスペクション(内覧)をさせてもらう
  4. ボンド(保証金、頭金)の支払い
  5. 契約完了!

という流れになります。

一旦ここではシドニー含むオーストラリア全土の募集広告が載っている掲示板サイト『日豪プレス』を参考にして募集記事の探し方をみてみましょう!
日豪プレス:http://nichigopress.jp/

まずはトップページのメニュー一覧にある『住まい Accommodation』をクリックします。

その後、Sydney シドニーやMelbourne メルボルンといった都市名が表示されているので、お探しの都市をクリック…

クリックするとこんな感じに現在投稿されている記事が一覧化されているので、気になった記事をクリックして詳細を見てみましょう!

一例としてクリックした記事がこちら↑↑

さて、この記事を見てみるとこのように説明文があり、連絡先なども記載されているので記事内にある連絡先からオーナーさんにまだ空きがあるのか連絡を取ってみましょう。

空きがあるということであればインスペクション(内覧)をしたい旨を伝えて、お互い都合の合う日時を決めて、インスペクションしに物件に行きましょう。

そこで気に入れば契約するかどうかの話になり、契約することになればボンドの支払いをすることになります。
※ボンドとは…
日本でいう保証金、頭金のことです。

シェアハウスは通常レント(家賃)の2週間分がボンドになり、退去時には返金されます。
ただし、入居中に例えば物を壊してしまったり、鍵を無くしてしまったりした場合、ボンドから修繕費や再発行代が引かれるためご注意ください。

1.3.知人から紹介してもらう

知人から紹介してもらうというのは例えば語学学校でできた友達などすでにシェアハウスに移り住んでいる方がいたりするかと思います。

そういった方々の住んでいるシェアハウスに空きがあればそこを紹介してもらったり、たまに留学エージェントやバイト先の人から紹介してもらえることもあります。

2.シェアハウスのオーナーに連絡する

さて、先ほどの掲示板サイトで物件を探す際の続きですが…
掲示板サイトの募集記事で気に入った物件を見つけ、シェアハウスのオーナーに連絡すると書きましたが、その際に『日本語であれば連絡できますけど、英語の場合どうすればいいですか!?』なんて相談をよくされます。笑

ここから少し連絡する際の注意点と例文を載せさせていただきますね。

2.1.連絡する際の注意点

連絡する際の注意点として…

  • 名前、どこで記事を見たかを伝える
  • まだ部屋が空いているか聞く
  • いつインスペクションさせてもらえるか聞く
  • 住所を確認する
  • オウンルームなのかシェアルームなのか一応確認しておく
  • 早いもの勝ちと認識する

上記のことを必ずしてください。

2.2.連絡する際の例文

一番最初に連絡する際にSMS(ショートメッセージ)で連絡することを好むオーナーさんが多いです。
というのもオーナーでも仕事をしている方がほとんどなので、SMSで履歴を残せるようにしておくことをオススメします。

そして、別にかしこまる必要もなく簡単に伝えれば良いので下記の文章で十分です。

Hi ●●(オーナーの名前),
This is ▲▲(自分の名前). I just saw your ads on ■■(掲示板サイトの名前). If the room is still vacant, I would like to come for the inspection. When are you available? Thank you. ▲▲

『こんにちは ●●さん、▲▲です。
■■であなたの広告を拝見しました。まだ部屋が空いているのであればインスペクションに行かせてほしいのですが、いつが空いていますか?ありがとうございます。▲▲』
といった内容なのですが、こんな簡潔に送ってしまえば問題なしです。

あとは向こうから部屋が空いているかどうかや日時の指定が送られてくるので、それに答えてしまえばインスペクションの予約が完了します。

3.インスペクション(内覧)とは?

さて、ここまでインスペクションという言葉を何度も使ってきましたが、内覧といっても結局何をすればいいのかわかりませんよね。笑

インスペクションですることを大まかに言うと

  • 部屋が綺麗か、破損部はないかの確認
  • 共用部(トイレ、シャワー、洗濯場)の確認
  • オーナーさんと合いそうか合わなそうかなどの確認

といった内容になります。

オーナーさん側からするとあなたの人柄を確認するためにやっているようなものなので、もし『あ、この人汚くしそう…』『あ、この人うるさそう…』だとかマイナスイメージを与えると向こうから拒否されてしまうケースもございます。

3.1.インスペクション時の注意点

さて、次にインスペクション時の注意点をあげていきましょう!

  • 家のルールを確認する(友達を連れてきたらダメとか)
  • 掃除当番の有無(掃除当番がないところは家が汚れがち…)
  • パーティーOKかどうか(静かに過ごしたい方はNGのところが良いかも…)
  • 洗濯機を週に何回使用して良いか
  • Rent(家賃)の支払いペース(月一なのか2週間毎なのか)
  • Own Key(自分だけのカギ)を持てるか
  • 支給品の有無(お米やトイレットペーパー、洗濯洗剤が支給されるところもあります)
  • インターネット、電気代、ガス代がRent(家賃)に含まれているか(最近では含まれていることが圧倒的に多いです)
  • いつから入居できるか再確認

といったところでしょうか。

家の綺麗さは個人の許容範囲によりますが、上記で挙げたポイントはなるべく確認しておいた方が良いですね。

セキュリティ面で友達を連れてきたらダメって決めているシェアハウスもあるので、ぜひ確認しちゃってくださいね!

4.ボンド(保証金)を支払う

インスペクション後、ここにする!と決めた場合はすぐにオーナーさんに伝えてしまいましょう!
そして、ボンドの支払いをしてしまいましょう!

というのもシェアハウス探しは『早い者勝ち』なので、気に入った物件は迷わず即決してしまっても良いかと思います。

4.1.ボンド支払い時の注意点

ボンド支払い時の注意点は下記の通りですね!

  • 必ずレシートをもらう
  • 物件契約は早い者勝ち!

なぜ必ずレシートをもらった方が良いかと言いますと下記の記事でも紹介していますがが…

オーナーからの依頼で代理オーナーをしている方も物件によってあります。
そんな見ず知らずの代理オーナーに支払いをして何も証拠を残さないと下記の記事で紹介している方のような目に合うかもしれません。
そのため、ボンドに限らず支払いがあった際は必ずレシートをもらうようにしましょう!!

【注意必須】オーストラリア留学 ワーホリ中、実際に起きた事件と対策

5.引っ越し

さて、ボンドの支払いもできれば後は引っ越しするだけです!
ホームステイに滞在している方はホストファミリーに『ありがとう!』という意思を伝えてあげてくださいね!

6.シェアハウス探しのまとめ

さて、いかがでしたか?

シェアハウス探しはタイミングと運が重要になります。
連絡をしたけど返信がこない…なんてザラです。

そのため、何件も連絡して、たくさんの件数を見て行った方が良い物件に当たる確率も上がります。
基本的にはホームステイを出る2週間前を目途に探し始めるのがちょうど良い期間とされていますが、タイミングと運次第ではすぐに見つかってしまう場合もあります。笑

筆者もシドニーに留学したての頃、シェアハウス探しを始めて1発で見つかった強運の持ち主です。笑
でも、決まってからもインスペクションが楽しくて何件も回ったのは内緒です…笑
いや…良い家があればそっちに移ろうとも思っていたんですよ。笑

そんなオーストラリアでのシェアハウス探し…
苦戦する人は苦戦しますし、苦戦しない人は全く苦戦しません。

みなさんも根気強く探して、自分に合った家を探してくださいね。
ワーホリにしろ、学生ビザにしろ、生活の基盤はご自分の余裕を生み、余裕が生まれれば勉強にも集中できるので…

詳しいシェアハウスの探し方はこちらをお読みください↓↓

【徹底解説】シェアハウスの探し方|オーストラリア留学

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/

メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパマイトスタッフが、
あなたの留学を強力サポート。
無料相談受付中

ただいまジャパマイトでは、無料カウンセリング受付中です。
カウンセリングでは、以下のようなサービスが無料で受けられます。

・無料カウンセリング

・留学のプランニング

・想定予算

メール、電話、LINE、Skypeのうちから、
ご希望の方法でカウンセリングいたします。

もちろん、ご相談いただいてもしつこい営業などは一切ございません。
どうぞお気軽にご相談ください。


無料カウンセリングを依頼する

この記事の執筆者

コメントを残す

*