Commonwealth Bank 口座開設とATMの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです。

今回はオーストラリアにある大手銀行 Commonwealth Bankでの口座開設の方法とATMの使い方をご説明させていただきますね!

ワーホリでも学生ビザでもオススメのこの銀行…

ATM数も支店数も多く、カスタマーサービスも良い支店が良いのでオーストラリア留学 JAPAMATEの生徒さんはここで口座を開設することをオススメしています。

1.オーストラリアの銀行について

オーストラリアには4つのメガバンクがあります。

  • ANZ / Australia and New Zealand Banking Group(エーエヌゼット)
  • Commonwealth Bank of Australia (コモンウェルス)
  • NAB / National Australia Bank(ナブ)
  • Westpac(ウェストパック)

正直な話を言うとワーホリや1年くらいの留学だとあまりどこも変わりません。笑

極端な話、青、黄、赤のどの色が良いかで決めてしまっても良いくらいです。笑

ただ、日本の定期預金の金利に比べるとオーストラリアの金利はとても良いです。

この4大銀行のうちどこでもいいので定期預金口座を持ち、1万ドル(約100万円)預けていると年間2.25%~もらえるそうです。
(ビンボーな私には無縁な話なのですが…笑)

2.Commonwealth Bankの特徴

さて、そんな4大銀行もある中でなぜCommonwealth Bankでの口座開設の方法を開設するかと言いますと…特にこれと言って理由はありません。笑

ただ、筆者の経験上Commonwealth Bankのカスタマーサービスが一番良かったので…

なんていうのは冗談で、Commonwealth Bankは他の銀行に比べてATM数も多く使い勝手が良いのです。

ちなみに各銀行のATMの台数はこんな感じ↓↓

銀行名 ATMの数
ANZ 約2600台
Commonwealth Bank 約4000台
NAB 約3400台
Westpac 約3000台

2.1.なぜワーホリや学生にオススメ?

さて、そんなCommonwealth Bankがなぜワーホリや学生ビザの方々にオススメなのかと言いますと…

  • ATMの台数が一番多い!

※ファーム先でもCommonwealth BankのATMならありました!との声

※契約していない銀行からの引き出しは手数料がかかってしまいます…

  • 支店の数も多い!
  • カスタマーサービスが肌感覚で一番良い(筆者の感覚ですけどね。笑)
  • 口座維持費も安め!月々4ドル(学生は無料、ワーホリは学校期間中は無料)

※ワーホリでも月に総額2,000ドルの入金があれば口座維持費無料

インターネット送金などもオーストラリアでは割と主流です。

ただ、そういった利便性からか、シェアハウスを探している時にメールだけのやり取りのシェアハウスオーナー相手に『もうすでに決めそうな人がいるから君が先にお金を払ったら取っておくよ!だからインターネット送金して!!』と言われ、支払ってから連絡が取れなくなるケースもございますので注意してくださいね。

その他実際に起きた事件はこちら↓↓

【注意必須】オーストラリア留学 ワーホリ中、実際に起きた事件と対策

3.口座の種類

さて、次にみなさんが開くであろう口座の種類が下記になります。

【Smart Access(普通預金口座)】

いわゆる普通預金口座です。

口座維持費は毎月4ドルかかりますが、学生ビザで学校に通っている方は無料。

また、ワーホリでも学校に通っている方も学校期間中は口座維持費が無料になります。

毎月総額2,000ドル以上の入金があった場合も無料になります。

Commonwealth Bankのスタッフから聞いた裏技ですが、Smart Access口座からNetbank Saverに一気に2,000ドル移して、一日放置するとその月の口座維持費4ドルがかからなくなるそうです。笑

【Netbank Saver(定期預金口座)】

いわゆる定期預金口座になります。

こちらは無料で維持できるので、とりあえず開設しておいても問題なしです。

4.口座開設時に必要なもの

  • パスポート
  • オーストラリアで使える携帯電話の番号
  • オーストラリアでの住所(ホームステイ先の住所でも可)
  • ちょっとしたキャッシュ(50ドルほどあればOK)
  • 日本のマイナンバー もしくはオーストラリアのタックスファイルナンバー(TFN)
  • ワーホリで語学学校に通っている方はLetter of Offer(入学案内書)という書類
  • 学生ビザで語学学校等に通っている方はConfirmation of Enrollmentという書類

5.口座開設の方法

銀行に行きスタッフの方を見つけ

『I would like to open a new account!』(新しく口座を開きたいです!)と元気よく伝えましょう!

そしたらDo you have a passport with you?(パスポートをお持ちですか?)と聞かれるのでパスポートを渡し、コピーを取ってもらいます。

待っている間にちょっとした申込書のようなものを渡されるので、下記の項目を記入出来たらスタッフに渡しましょう。

  • 名前
  • オーストラリアでの住所
  • 携帯番号
  • マイナンバー / タックスファイルナンバー

※どちらもなければ『I will apply for a Tax File Number later(タックスファイルナンバーは後で申請します)』と伝えればとりあえず問題ございません。

次に待っている間にCommonwealth Bankのアプリ『Commbank』をインストールしておきましょう!

【Commbankとは?】

アプリ内では残高の確認やインターネット送金などができ、使いこなせるようになるととっても便利です!!

待っているとスタッフに誘導されるので、誘導された席で『I would like to open Smart Access and Netbank Saver(Smart AccessとNetbank Saverを開きたいです)』と伝えましょう。

そうするとスタッフが二つの口座についての説明をしながら個人情報の入力を進めてくれます。

入力時にサインを2度ほどしなければなりませんが、その際はパスポートと同じサインをしましょう。

その後、登録した携帯電話宛てにCommonwealth BankからSMS(ショートメッセージ)が届きます。そこにはTemporary Password(仮パスワード)が記載されています。

それと同時にスタッフから一枚の書類を渡され、そこにはAccount Number(Client Number)とBSB(支店番号)が記載されているのでTemporary PasswordとClient Numberを基にアプリを起動しましょう。

アプリがちゃんと開け、ちょっと進むと別のTemporary Password(仮パスワード)が届き、次のステップでご自身の暗証番号を決めることができます。

そして、あとは持ってきたキャッシュ(現金)を『I would like to deposit $○○(○○ドルを入金しておきたい)』と伝え、入金手続きの方法を聞きましょう!

おめでとうございます!

これで口座開設は完了です!!

6.ATMの使い方

ATMにカードを差し込みます

PIN(ピンナンバー)を入力します

メニューを選びます

  • Withdraw Cash(引き出し)
  • Make a deposit(預入)
  • Account balance(残高証明)

6.1.お金を引き出す(Withdraw Cash)

どの口座から引き出しをするか選びます。

Savings(普通口座)、Cheque(当座預金口座)、Credit(クレジット)

金額を$20、$50、$100、$200、$300、$400、もしくはお好きな額を入力してEnterを押します。

表示されている額で問題なければ

Print receipt(レシート印刷)、No receipt(レシートなし)、Show receipt(レシートを画面に表示するだけ)を選び、黄色く表示されているConfirm(確認)を押してください。

手続き中の画面が表示され…

ATMからカードが出てくるので、カードを取ったら現金も出てきます!

6.2.お金を預ける(Make a deposit)

メニューを選択し、Continueをタッチ

紙幣ならNote、コインならCoin、小切手ならCheques

どの口座へ入金したいのかを選びます。

  • Select your account(あなたの口座をお選びください)

Savings(普通口座)、Cheque(当座預金口座)、Credit(クレジット)

  • Pay someone else(誰かに支払う)※この場合は相手のBSBや口座番号、クレジットカード番号が必要になります。

Commbank Account(コモンウェルス銀行のアカウントへ)、Commbank Credit Card(コモンウェルス銀行のクレジットカードへ)

紙幣の場合はCash in and outと書いてある部分に挿入します。

この画面が表示されるとガチャンと音を立ててカバーが開かれます。

※コインの場合はまた違う挿入口があるのでご注意ください。

カウント中…

ご自身の挿入した紙幣と額が合っていればContinueをタッチ

表示されている額で問題なければ

Print receipt(レシート印刷)、No receipt(レシートなし)、Show receipt(レシートを画面に表示するだけ)を選び、黄色く表示されているConfirm(確認)を押してください。

これで完了です。

あとは黄色い『Return card』をタッチすればカードが返ってきます。

6.3.残高証明(Account balance)

どの口座の残高を確認したいのか選びます。

Savings(普通口座)、Cheque(当座預金口座)、Credit(クレジット)

手続き中…

Show/Hideの部分をタッチすると残高が画面に表示されるようになっています。

もしこれ以上することがなければ黄色く表示されているReturn Card(カードの返却)をタッチして、カードを回収すれば終了です。

7.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

この記事1つでCommonwealth BankのATMの使い方も口座の開設方法をわかっていただけたかと思います!

基本的にはATMも日本と使い方は一緒ですし、口座開設に至っては日本よりも簡単に短時間で可能です。

難しいことは特にないのですが、もし困った場合はJAPAMATEの利用者さんであれば無料で口座開設のお手伝いもさせていただきますので、いつでもおっしゃってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパマイトスタッフが、
あなたの留学を強力サポート。
無料相談受付中

ただいまジャパマイトでは、無料カウンセリング受付中です。
カウンセリングでは、以下のようなサービスが無料で受けられます。

・無料カウンセリング

・留学のプランニング

・想定予算

メール、電話、LINE、Skypeのうちから、
ご希望の方法でカウンセリングいたします。

もちろん、ご相談いただいてもしつこい営業などは一切ございません。
どうぞお気軽にご相談ください。


無料カウンセリングを依頼する

この記事の執筆者

コメントを残す

*