オーストラリアで美容師に!vol.1【給料、仕事の探し方、道具について】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
オーストラリア留学 JAPAMATEのユウトです!

今回は美容師の方やその卵の方に向けての記事を書かせていただこうかと思います!

あくまで個人的な体感なので正確なデータはございませんが、ワーホリ(ワーキングホリデー)や学生ビザを使ってオーストラリア留学に来ることが多い職種が

  • 美容師
  • ナース

上記のこの2つが多いなーとよく思います。

美容師もナースになるのもどちらももちろん資格が必要で、そういった学校でしっかりと勉強しなければなりませんよね。

そんな手に職の『美容師』にフォーカスを置いて今回は話をさせていただこうかなと思います。

オーストラリアで美容師として働くことを検討されている方は、こちらの記事もご覧ください。

オーストラリアで美容室として働くには?シドニーでの留学プラン例


  1. オーストラリアで美容師になるには?
    1. 日本で資格がある場合
    2. 日本で資格がない場合
  2. オーストラリアに美容室はあるの?
  3. 美容師の仕事を見つけるには?
    1. 仕事を見つけれる可能性は?
  4. お給料はどうなの?
  5. ハサミなどの道具は持ち込める?
  6. まとめ

1.オーストラリアで美容師になるには?

オーストラリアで美容師になるには、日本と同様で資格がないと人の髪の毛を切ることはできません。
確かにお客さんからすると資格がないと心配になっちゃいますからね。笑

1.1.日本で資格がある場合

日本で資格がある場合、オーストラリア現地で資格を取る必要はありません。

そのため、ある意味ではワーホリでオーストラリアに飛んで行って、働き口さえあれば働けてしまうのです!

1.2.日本で資格がない場合

日本で資格がない場合、オーストラリアの現地で資格を取得しなければなりません。

じゃあ、オーストラリアでどのようにして資格ができるのかと言いますとHairdressingのコースを専門学校にて学ぶ必要があります。

そして日本と同様見習いとして働く必要がありますが、コースの期間が4ヶ月以上になってしまうためワーホリで専門学校には行くことができませんので、学生ビザでの留学が必要になります。

【オーストラリア留学】やるべきことは何?ワーキングホリデービザ(ワーホリ)の取得について

【オーストラリア留学】やるべきことは何?ワーキングホリデービザ(ワーホリ)の取得について(前編)

【オーストラリア留学】やるべきことは何?ワーキングホリデービザ(ワーホリ)の取得について(後編)

2.オーストラリアに美容室はあるの?

実際オーストラリアには日系の美容室や韓国系の美容室など、ローカルの美容室以外にも多くの美容室がございます。

シドニーで日系の美容室だけでも15件ほどございます。
そのため日本で資格を持っていて、経験さえあれば比較的に苦労せずに仕事を見つけることが可能だと思います。

3.美容師の仕事を見つけるには?

さて、美容師の仕事を見つけるには

  • 情報サイトから見つける
  • 履歴書を配りまわる

などの方法が主流になるかと思います。

家探し、仕事探しはとりあえずここ!オーストラリア留学 ワーホリ中に役立つ情報サイト

【日系の美容室なら】

JAMS.TV:https://www.jams.tv/

日豪プレス:http://nichigopress.jp/

【現地の美容室なら】

Gumtree:https://www.gumtree.com.au/

【履歴書を配り歩くなら】

とにかく履歴書を複数枚持って、マネージャーに会いたい!仕事させてほしいの!!って熱意を伝えながらご自身の経験などを伝えていけば働ける可能性もあります。

ただ、日系の美容室であれば履歴書を配り歩くよりも募集記事や友達紹介から働き始めるパターンの方が多いと思います。そして『日系の美容室ではちょっと…』という方もいらっしゃるかと思いますが、日系の美容室でももちろん日本人以外のお客さんも髪を切りに来ます。

そのため、日系だから英語力ゼロでも問題ないなんてことはないので、しっかりと英語力があることに越したことはないです。

現地の美容室の場合、ワーホリの制限として6ヶ月間しか同一の雇用主の下でしか働けません。そのため、雇用する側としては長く働ける人がほしいので、自動的に現地の方を取ってしまう傾向にありますが、日系の美容室でも6ヶ月の制限は一緒ですが、日系の場合は日本のクオリティを大事にしているところが多いので積極的に採用してくれます。

3.1.仕事を見つけれる可能性は?

気になる仕事を見つけられる可能性はこだわらなければ100%見つかると思います。

なので、日系の美容室をメインで探すのであれば間違いなくどこか見つかるでしょう。

ただ、現地の美容室だとどうしても先ほどもご説明させていただきました『同一雇用主の下で6ヶ月しか働けない』という条件がネックになってしまい、なかなか仕事を見つけるのに苦労してしまう可能性が高いです。

シドニーでの日系美容室の一覧も下記の記事に載っておりますので、ぜひご覧くださいね!

シドニーで日本人美容師のいる美容室は!?ワーホリで留学中に髪切りたい!

4.お給料はどうなの?

お給料はもちろん経験やスキルによってかなり左右されます。

そのため一概には言えませんが、求人広告では一応『時給18~20ドルスタートでスキル次第で上がります』との記載があったりします。

物価の関係で家賃は高いけど、日本でもらっていたお給料より良いので生活が楽になったという話も聞きます。

オーストラリア留学のデメリットとその対策(Vol.3 物価が高い?)

5.ハサミなどの道具は持ち込める?

ハサミなどの凶器になりえるものは機内に持ち込むことができません。

ただ、手荷物として持ち込むことができないだけで、スーツケースなどの中に預け荷物として入れておけば一切問題ございません。

【オーストラリア留学】日本からオーストラリア留学に向かう際に利用するおすすめ航空会社

預け荷物としてスーツケースの中に入れておけば一切の問題もなくオーストラリア国内に持ち込むことができるので、日本で使っていた道具も使えます!!

6.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

  • 日本で美容師免許を持っていれば勤務可能!
  • シドニーだけで15件以上もの日系の美容室がある!
  • 日系でもローカルの美容室でも英語力があるに越したことはない。
  • 道具も預け荷物としてなら日本から持ち込み可能!

と、この部分さえわかってしまえば日本で美容師だった方でも選り好みさえしなければ間違いなくオーストラリアで美容師として働けてしまいます!

人と違ったワーホリ生活をするためには事前にしっかりとしたプランニングが必要になるかと思いますので、そういったご相談はぜひJAPAMATEまでどうぞ!!

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*