【オーストラリアでのワーホリ体験談】vol.2 語学学校にてインターンシップで勤務するTadanobuさんのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
オーストラリア留学エージェント JAPAMATEのユウトです。

前回に引き続き、体験談の第二弾として『語学学校にてインターンシップで勤務するTadanobuさん』のケースをご紹介します。

語学学校でインターンシップすることを『スクールインターン』と言いますが、
スクールインターンをする方法を記事にしましたので、こちらの記事もお読みください↓↓

【オーストラリア留学】語学学校でスクールインターンするには?

 

  1. Tadanobuさんのプロフィール
  2. なぜオーストラリアに留学を?
  3. インターンシップで何をしていましたか?
  4. 大変だったこと
  5. オーストラリアに留学した感想
  6. これから留学する方々へ一言

1.Tadanobuさんのプロフィール

オーストラリアではワーホリで渡豪し語学学校に通った後、語学学校にてインターンシップとして勤務。192cmの巨体で(写真では遠近法を使いなぜかサイズを小さく見せてきてます。笑)バスケが趣味のため、JAPAMATEのクラブチームでセンターとして活躍。リバウンドへの嗅覚は優れているのだが、通常時はただただ変人。笑

2.なぜオーストラリアに留学を?

霊能力者に「ウルル(エアーズロック)に行け!」と言われました。笑 いや、ほら、きっと聖地に行って汚れた心を洗えってことなんでしょうけど…笑 そしてもしかしたら自分の先祖はアボリジニだったかもしれません。そんなこんなでオーストラリアへ留学をすることを決めました。

3.インターンシップで何をしていましたか?

シドニーにある語学学校でインターンシップさせていただいていて、そこでは受付業務や電話対応、学校にいる在校生さんたちのケアなどをしたりしていました。

4.大変だったこと

インターンシップをしている時にはやはり自分の英語力の無さに心が折れそうになったりもしましたが、自分の上司がとても面倒見の良い方だったため、楽しめながらインターンシップをすることができました。

5.オーストラリアに留学した感想

ワーホリでオーストラリアに行ったおかげで国籍問わず色々な人に出会い、様々な価値観や人生観を見ることができました。英語でオフィス業務を体験できたのも自分にとって良い経験でしたし、履歴書に書かせてもらえたので、きっと日本での再就職が上手く行ったのだと思ってます。

6.これから留学する方々へ一言

異文化な上に英語で会話しコミュニケーションを取らなければいけないので、最初はとても大変だと思います。でも、その分頑張ったときの見返りはとても大きなものとなると僕は思います。ユウトさんは僕にやたらとドSですが、留学エージェントとバスケのシューターとしては信頼できます。笑

▼オーストラリア留学のお問い合わせはこちら▼
ウェブサイト:http://japamate.com/
メール:info@japamate.com

体験談一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*